フェイス・トゥ・フェイス

フェイス・トゥ・フェイス

海外ドラマはなかなかDVDで見る機会が少ないのですが、最近はいろんな作品が日本で出ることも多くなってきて、嬉しいことに1999年に作られた鄭伊健(イーキン・チェン)主演の香港テレビドラマの全20話ノー・カット版がDVDで出ています。



夜のクルーザーでの爆発事故に居合わせた姚楽天ことティン(鄭伊健/イーキン・チェン)はその時の衝撃で昏倒。助けられて病院で9ヶ月昏睡状態を続けますが、目が覚めた時にはほとんどの記憶を無くしていました。手がかりになるのはIDカードにあった自分の名前と、ほんのわずか脳の奥底に眠っているおぼろげな記憶だけで、自分が何者だったかも思い出せません。西貢警察署の龍刑事・通称=特低(林暁峰/ジェリー・ラム)からの尋問をうけるものの途方にくれるばかり。無断外出で町に出たティンは車に曳かれかけて、零細芸能事務所を取り仕切っている莫一鳴ことミン(謝天華/マイケル・ツェー)と出会い、ひょんなことからそこのモデルになってミンの家に居候として暮らすことになります。そんな時、ティンと兄弟同然に育ち、ティンを海から救い出したという方徳信ことソン(曹永廉/チョー・ウィンリム)が現れます。そしてなんと、ソンの家で会ったジェ-ン・ラム(袁潔瑩/ファニー・ユン)は、ティンの僅かな記憶の中では恋人同然に一緒の時間を過ごしたその女性に間違いありませんでした。しかし、記憶の中での快活で奔放な彼女に対して、ジェ-ンはしとやかで控えめな性格でしかもソンと恋人同士だったのです・・・・・・。

1話50分形式×20話といった現代サスペンスのテレビ・ドラマ。中心は記憶を無くしたティンがいくつもの謎に遭遇してそれがだんだん解きほぐされていくドラマですが、ティンが偶然出会ったミンの家族回りのパートになるとなぜかドラマはかなりコメディに(笑)。このあたりのごった煮感覚はさすが香港です(笑)。全編なかなかにあざとい脚本で(苦笑)、また回想シーンが結構頻繁にでてくるので、根を詰めて見るとっちょっと疲れるところもありますが、次から次にいろんな謎や出来事があって、なかなか面白かったです。結局、芋づる式にずるずる続けて一気に見ることに(苦笑)。特にイーキン・チェンのファンの人にはおすすめ。

アクションは最終話だけですが、そこは一気に出てきてハラハラさせてくれます。もちろん、「なんでやねん?」という突っ込みどころもいろいろ出てきます。最大のものは、例のクライミングのビデオなんて誰が撮ってアップロードしたのかと(笑)。しかもちゃんとアップにした編集入れてるし(笑)。

さすがはイーキン・チェンだと思うのは,日頃から巻き込まれ型フェロモンを出しているだけあって、ここでもしっかりキャラクターに合った脚本でややこしいことに巻き込まれてばっかりです(笑)。もちろん、いい人光線もたっぷり出しています。例によってちょっとすかした感じで、子供と目線が同じでいいお兄ちゃんという姿で、イメージそのままの役柄でしょう。モデルから歌手デビューの話になった時に「鄭伊健だって最初は歌が下手だったんだ」と励まされる脚本って、全然シャレになってません(爆笑)。ちなみに主題歌はイーキン・チェンが歌ってます。

鍵を握る女性であるジェーン役のファニー・ユンの演技が役柄が難しいだけに光っていました。私はファニー・ユンというと、『スウォーズマン 剣士列伝』『スウォーズマン 女神伝説の章』でヘビを操る快活少女・藍鳳凰ことランを演じたのが印象深いのですが、あの頃からすると大きくなったなあという印象。声がちょっとなんとなくセシリア・チャンっぽいハスキーな声になっているような。

マイケル・ツェーが出てくると古惑仔シリーズを思い出しますが、ミンの家族は全員すごくいい味出してます(笑)。ジェリー・ラムの活躍がまたよかったですね。

これをノー・カット完全版でDVD化してくれたMAXAM、えらい!サイトの紹介の粗筋は間違えているけど(苦笑)。


【フェイス・トゥ・フェイス(雙面伊人/FACE TO FACE) 1999年 香港】
[PR]
by santapapa | 2005-11-18 21:46 | 海外テレビドラマ
<< チアリーダー忍者 大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス >>