<   2005年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ドニー・イェン アクション・ブック

ドニー・イェン アクション・ブック

今回は映画ではなくて、今月出た本の紹介。香港映画のアクション俳優、武術指導、監督を務めるドニー・イェンの英語の原稿を浦川とめが日本語に翻訳し、ドニー・イェンと懇意の谷垣健治が監修した本がキネマ旬報社から出ていました。タイトルの『ドニー・イェン アクション・ブック』の名の通り、ドニー・イェンがいかにアクション映画を撮るかについてのノウ・ハウが書かれた本です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2005-10-31 23:54 | 映画本

永遠のモータウン

永遠のモータウン

LM系の世界で裏方的存在であるスタジオ・ミュージシャンにスポットが当たるようになってきたのは、1970年代後半のことではないでしょうか。フュージョンの台頭とスタジオ・ミュージシャンによるバンドの結成など、バンド編成でなくても次第にボーカル以外の部分も一般的な興味がもたれるようになってきて、アルバムにも普通にクレジットされるようになってきたのは嬉しい動きでした。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2005-10-30 23:48 | 音楽ドキュメンタリー

セーラー服と機関銃

薬師丸ひろ子 限定プレミアムBOX

あらすじは「allcinema ONLINE」によれば以下の通り。

「ヤクザの組長にされてしまった女子高生の物語。薬師丸ひろ子の人気もあって大ヒットした。」

そんな話です(笑)。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2005-10-29 23:55 | 邦画

雀聖 (邦題:カンフー麻雀)

カンフー麻雀

「みんなでするある」
 「ファンキ~マ~ジャン~」
というのは、かのサディスティック・ミカ・バンドの名曲中の名曲「ファンキー・マージャン」ですが、こちらは英題が「カンフー・マージャン」。王晶(バリー・ウォン)監督のこの夏の映画、『雀聖』です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2005-10-28 23:55 | 香港(中国・台湾)映画

モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル

モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル

アーサー王の物語を映画化したものは数ありますが、その中のひとつというか、その中でも変り種のひとつ(笑)。モンティ・パイソンとしては初の映画「モンティ・パイソン・アンド・ナウ」はテレビ版総集編でしたので、この映画が初のオリジナル映画に当たります。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2005-10-27 23:49 | 洋画一般

人気家族パートリッジ

THE PARTRIDGE FAMILY

1960年代の頃から家族によるバンドやテレビ先行企画のバンド等がありましたが、1970年前半に放送されたシチュエーション・コメディがパートリッジ・ファミリーこと『人気家族パートリッジ』。実際の家族ではなくドラマ上の家族がバンドを組んで全国巡業に出る物語で、デヴィッド・キャシディを一躍スターにした番組でもありました。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2005-10-26 22:05 | 海外テレビドラマ

天上の剣 The Legend of ZU

天上の剣 The Legend of ZU-

昨日紹介した『蜀山奇傅・天空の剣』の18年ぶりのセルフ・リメイクとも言われる映画です。もちろん、監督は徐克(ツイ・ハーク)。我らが鄭伊健(イーキン・チェン)に張柏芝(セシリア・チャン)、古天樂(ルイス・クー)などといった俳優が参加しています。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2005-10-25 21:44 | 香港(中国・台湾)映画

蜀山奇傅・天空の剣

蜀山奇傳 天空の剣

1983年に『妖刀・斬首剣』と共に、 香港武侠ワイヤー・アクションのスタンダードな形を作った記念碑的作品です。監督は徐克(ツイ・ハーク)で、パリ国際ファンタスティック映画祭で特撮賞を受賞したSF色の強い中国版・剣と魔法のファンタジー作品です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2005-10-24 23:36 | 香港(中国・台湾)映画

インドの仕置人

インドの仕置人

マニーシャ・コイララが好きな人が多いみたいでうれしいので、彼女の出演した映画を。と言っても、日本語タイトルが『インドの仕置人』。で、日本でのキャッチ・コピーがナマステ御免!世のため、人のため、男の恨みナイフに込め、悪いやつらは生かしちゃいかねぇ!」

いやちょっと、「ナマステ御免!」って?(苦笑)

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2005-10-23 22:04 | インド映画

新幹線大爆破

新幹線大爆破

国鉄本社に「約1500人を乗せた新幹線ひかり号に、時速80km/h以下に落とすと自動的に爆発する爆弾をしかけた」という電話があって身代金が要求され、新幹線の乗客の救出と、爆弾魔と警察の攻防を描いたお話。・・・・・・というと、新幹線ではなくてバスで似たような映画を見たことがあるような気がしますが、こちらは1975年に製作された邦画です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2005-10-22 21:59 | 邦画