カテゴリ:邦画( 126 )

千夜一夜物語

千夜一夜物語

俗に言う『アラビアン・ナイト』=『千夜一夜物語』をベースに作られた手塚治虫&虫プロダクションによる「アニメラマ」第一弾。「アニメラマ」というのはアニメーション+ドラマの造語だそうで、大人のためのアニメーションとして当時としてはエロティックさも大きく取り入れたことでも話題を呼び、ヒットしたそうです。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-05-26 23:58 | 邦画

ガメラ対深海怪獣ジグラ

ガメラ対深海怪獣ジグラ

今の時期、プロ野球では昨年から交流戦と称してセントラル・リーグとパシフィック・リーグのチームが対戦するカードが組まれています。日頃は対戦しないチーム同士の組合せは面白く、「夢の対決」が見られるのも目玉のひとつ。個人的には横浜ベイスターズと日本ハムファイターズの対戦で、ベバリン対セギノールというまるで薬屋対決を見たかった気がします(笑)。いや、名前だけなんですけど。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-05-25 23:21 | 邦画

つる 鶴

つる

東宝が吉永小百合の映画出演100本記念作品として、民話「鶴の恩返し」を元に市川崑を監督に迎えて作られた詩情豊かな映画です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-05-16 23:59 | 邦画

雨月物語

Ugetsu

上田秋成の古典『雨月物語』の中から「蛇性の婬」、「浅茅が宿」をベースにアレンジされた物語を溝口健二監督が映画化した作品。海外では『Ugetsu』、『Ugetsu-Monogatari』でも知られているそうです。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-05-08 23:58 | 邦画

吸血鬼ゴケミドロ

吸血鬼ゴケミドロ

『吸血髑髏船』の前に作られた松竹の怪奇SFホラーシリーズ第一弾にして、不思議な人気のある作品。古さやチープさは否めませんが、それなりになかなか楽しめる映画です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-05-05 23:59 | 邦画

展覧会の絵

手塚治虫 実験アニメーション作品

友人であったビクトル・ハルトマンの遺作展に刺激されてモデスト・ムソルグスキーが書いたピアノ組曲「展覧会の絵」は、そのメロディが多くの人のイマジネーションを刺激するのか、リムスキー=コルサコフの編曲を皮切りに有名なラベルによる管弦楽版による編曲など、多くのアレンジ版が作られています。そして、その曲に着想を得て作られたのが手塚治虫によるアニメーション『展覧会の絵』でした。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-05-03 23:57 | 邦画

女ひとり大地を行く

女ひとり大地を行く

洋画にも炭鉱の環境を絡めた話というのには『遠い空の向こうに』『ブラス!』、『わが谷は緑なりき 』などの名作が多くあります。日本にも炭鉱をからめた映画は公開を控えているものも含めていくつかありますが、その中のひとつ、亀井文夫監督の『女ひとり大地を行く』は、北海道の炭鉱労働者が一人33円ずつの出資によって1953年に独立プロによって作られた劇映画です。石炭作業が表向き華やかであった世界大恐慌から戦後までの時の流れを、山田五十鈴扮するサヨを通じて描かれています。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-04-29 14:07 | 邦画

じゃりン子チエ

じゃりン子チエ 劇場版

「漫画アクション」で連載していた(映画公開時は連載中)はるき悦巳が原作の漫画『じゃりン子チエ』の劇場映画。これとほぼ時を同じくして、テレビ・アニメーションも始まりました。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-04-28 23:01 | 邦画

キューバの恋人

キューバの恋人

『TOMORROW 明日』『美しい夏キリシマ 』の黒木和雄監督が『とべない沈黙』の次に制作した劇映画第二作。黒木和雄監督は先週の4月12日に脳梗塞でお亡くなりになりました。謹んで哀悼の意を表したいと思います。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-04-20 23:50 | 邦画

七人の侍

七人の侍

黒澤明の代表作にして世界的に支持される傑作。この作品がなければ、『荒野の七人』のシリーズも、ロジャー・コーマン御大製作総指揮による『宇宙の7人』も生まれてなかったとも言われる映画です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-04-18 23:58 | 邦画