カテゴリ:インド映画( 15 )

BLACK

b0024856_358287.jpg



多くの人が知っているであろうヘレン・ケラーとアニー・サリヴァン先生の克服の物語。1962年、そして1979年に『奇跡の人(THE MIRACLE WORKER)』として映画化もされています。

その物語をベースに設定を変えて独自の視点から撮られた映画が『BLACK』。『KHAMOSHI THE MUSICAL』で映画監督デビューをしたサンジャイ・リーラ・バンサーリー監督の4作目に当たる映画で、2005年にインドで上映されて感動を呼び起こして大評判に。昨年のインドのFilm Fare Awardで作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞、監督賞を受賞したそうです。

インド映画なのですがミュージカル・シーンがなく、また上映時間も2時間弱といった一般的な映画に近い仕様で、ストーリー、映像、演技、演出がどれも素晴らしい心に染みる映画だけに、ぜひとも日本の劇場で上映してほしいと思う作品です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-08-07 04:04 | インド映画

ボンベイtoナゴヤ

b0024856_722494.jpg

東洋の異国情緒を味わいたいためか、海外の映画で日本でロケーションを行っている映画は数あります。例えばイギリス映画の『007は二度死ぬ』、例えば香港映画の『東京攻略』。中には多少の誤解もあったりして微笑ましいことも(苦笑)。そして、インド映画で日本でのロケーションをやった中でも一番有名な映画(爆笑)といえば、この『ボンベイtoナゴヤ』でしょう。フランチャイズの日本に住んでいる我々には製作者の意図を超えた楽しみが、特に名古屋在住の方や名古屋をよく知っておられる方には10倍は楽しい映画かも(苦笑)。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-08-02 23:58 | インド映画

KHAMOSHI THE MUSICAL

KHAMOSHI THE MUSICAL

この映画や『BLACK』などを見ると、インド映画を知ってよかったなあとしみじみと思います。ぜひ日本で劇場公開してほしい、心に響く映画です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-07-26 23:58 | インド映画

ISHQ

ISHQ

「愛は勝つ」というお題目で作られた映画はそれこそ昔から枚挙に暇もなく、永遠のテーマのひとつでもあります。そのために愛と言う言葉がしばしば粗製濫造気味になることもあり、とりあえず愛があればというのを最終兵器にしておけばいいやと思ってでもいるような投げやりな作品も世の中には少なくありません。もう全然説得力がなかったりしますけど(笑)。

その点『ISHQ』みたいなインド映画は、愛をテーマにドタバタ・コメディあり、アクションあり、もちろん歌あり、踊りあり、涙ありといった、「もう食べられないよぅ!」と言いたくなるぐらいお腹いっぱいの娯楽大作です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-06-27 21:11 | インド映画

バーシャ!踊る夕陽のビッグボス

バーシャ!踊る夕陽のビッグボス

『ムトゥ踊るマハラジャ』の前年、1994年に作られたラジニカーント映画。どうでもいいけどラジニカーント映画の邦題って、「踊る~」ってつけておけばいいように考えてませんかね(苦笑)。『パダヤッパ いつでも俺はマジだぜ!』は別として。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-06-13 23:54 | インド映画

シャー・ルク・カーンのDDLJ/ラブゲット大作戦

DDLJ

なんだかタイトルだけ見ると、キダタロー大先生のテーマ曲に乗せて横山やすし・西川きよし&桂きん枝が出てきそうです(笑)。『恋するブラジャー大作戦(仮)』に比べればマシというか、どっこいどっこいと言うか(笑)。初公開時のタイトルが『花嫁は僕の胸に』、原題が『Dilwale Dulhania Le Jayenge(勇者が花嫁を連れていく)』というこの映画、興行収入150億円、観客動員数1億人以上、4年以上に渡るロングランを達成した超大ヒット映画だそうで、それこそ「全印が泣いて笑った」映画に入る作品になるのでしょう。またそれだけの内容のある映画ですぞ。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-04-24 22:54 | インド映画

Deewana Mastana

Deewana Mastana

最近はなかなかインド映画の日本での公開が少なくなったのは残念ですが、輸入DVDで日本語字幕で見ることが出来るものも若干出てきていたりしまして、うれしいものです。その中で、『ラジュー出世する』ですっかり気に入った美人女優ジュヒー・チャウラー目当てにみたのが『Deewana Mastana』。インド映画だけにもちろん、ミュージカル仕立てのエンテーティンメント精神溢れるラブ・コメディです。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-04-13 23:53 | インド映画

ムトゥ 踊るマハラジャ

ムトゥ 踊るマハラジャ

インド映画というとかなりの人はこの映画のタイトルを思い浮かべるのではないでしょうか。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-01-09 23:18 | インド映画

アルナーチャラム 踊るスーパースター

アルナーチャラム~踊るスーパースター~

42年ぶりに日本で公開されたインド映画、『ラジュー出世する』の後を受けて公開された『ムトゥ 踊るマハラジャ』はその内容もさることながら、宣伝も功を奏したのか日本でヒット。それからしばらくはいくらかインド映画も日本で公開されるようになりました。ただ、『ムトゥ 踊るマハラジャ』の影響か、タイトルに「踊る~」がやたらついたり、、『シャー・ルク・カーンのDDLJ/ラブゲット大作戦』なんてタイトルがつけられたりします(苦笑)。そういえば話は違いますが、香港映画で劉嘉玲、梁詠[王其]、劉青雲、古天樂が出ている『絶世好Bra』が日本公開されて、『恋するブラジャー大作戦』になるという噂は本当でしょうか?(苦笑)

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2005-11-04 23:58 | インド映画

インドの仕置人

インドの仕置人

マニーシャ・コイララが好きな人が多いみたいでうれしいので、彼女の出演した映画を。と言っても、日本語タイトルが『インドの仕置人』。で、日本でのキャッチ・コピーがナマステ御免!世のため、人のため、男の恨みナイフに込め、悪いやつらは生かしちゃいかねぇ!」

いやちょっと、「ナマステ御免!」って?(苦笑)

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2005-10-23 22:04 | インド映画