カテゴリ:洋画一般( 239 )

リトルトウキョー殺人課

リトルトウキョー殺人課

映画を通じて地理や歴史や文化を学ぶことは楽しくまた憶えやすいものです。ということで今回は日本文化を学ぶために、『リトルトウキョー殺人課』を見てみました(爆笑)。主演はドルフ・ラングレン、相棒が『燃えよドラゴン』ブルース・リーの忘れ形見のブランドン・リー、そして悪役といえばこの人、ケイリー=ヒロユキ・タガワといったキャストです。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-05-11 23:24 | 洋画一般

リトル・ダーリング

LITTLE DARLINGS

思春期でいろんなコトに興味津々の女の子に扮するのがテイタム・オニールとクリスティ・マクニコル。そしてそんなふたりに巻き込まれるのがアーマンド・アサンテとマット・ディロンといった、甘酸っぱ~~~い青春を思い出す人もいるかもしれない、そんな映画です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-05-09 23:58 | 洋画一般

アデルの恋の物語

L'HISTOIRE D'ADELE H.

ビクトル・ユーゴーの次女アデル・ユーゴーを題材にした『アデル・ユーゴーの日記』を、フランソワ・トリュフォーが映画化した作品で、主演はイザベル・アジャーニ。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-05-07 23:58 | 洋画一般

地獄の黙示録

地獄の黙示録

「APOCALYPSE NOW」=「現代の黙示録」とはえらく剣呑な題名ではありますが、フランシス・フォード・コッポラ監督が1979年に製作した大作映画。公開当時は大きな話題にもなりました。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-05-04 23:56 | 洋画一般

ソイレント・グリーン

ソイレント・グリーン

今年の3月に亡くなったリチャード・フライシャー監督のSFで、原作はハリイ・ハリスンの『人間がいっぱい』。この頃のSF映画としては『時計じかけのオレンジ』『赤ちゃんよ永遠に』などと共によく名前の知られている、「色褪せた近未来」を描いた作品です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-05-02 23:19 | 洋画一般

ピーウィーの大冒険

ピーウィーの大冒険

『マーズ・アタック!』『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』などで知られるティム・バートン監督の長編映画デビュー作品。USAの子供向けテレビ番組で人気があるというキャラクター、ピーウィー・ハーマンの劇場向け映画で、大変明るい作品です(笑)。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-04-26 20:38 | 洋画一般

007/黄金銃を持つ男

007 黄金銃を持つ男

『007』シリーズの第9作目。三代目ジェームズ・ボンド役をロジャー・ムーアが担当してからの2作目になります。敵役はイギリスを代表する名優クリストファー・リー。最近では『カンフー・ハッスル』の大家のおばさん役を皮切りに『カンフーマージャン(雀聖) 』『雀聖2 自摸天后』『野蠻秘笈』などにも出ている元秋(ユン・チウ)が、実は出演してたということでも知られています。ボンドガールではありませんが(笑)。それと麥嘉(カール・マッカ)が助監督を務めていました。

しかしこの映画、なかなか微妙な作品で、トホホかというとトホホにもなりきれていない、『007は二度死ぬ』 、『007/カジノ・ロワイヤル』などと並ぶ怪作なのではないでしょうか(苦笑)。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-04-25 20:08 | 洋画一般

禁じられた遊び

禁じられた遊び

第二次世界大戦が終結して6年、フランスで作られたモノクロームの映画。私には表現力が無くて多くは語れませんが、すばらしい映画です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-04-17 23:58 | 洋画一般

アメリカン・ヒストリーX

アメリカン・ヒストリーX

人が歴史を学ぶのは、
   年号を暗記するためなのではありません。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-04-14 23:54 | 洋画一般

バンドレロ!

バンドレロ!

「アメリカの良心」と呼ばれたジェームズ・スチュワートと、軟派スターのディーン・マーチンが兄弟の銀行強盗に扮する西部劇。似合っているのか、似合っていないのかは見てのお楽しみ。そして、それに絡んでくる牧場主の妻が、我らがラクエル・ウェルチです。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-04-10 00:32 | 洋画一般