カテゴリ:洋画一般( 239 )

ハンニバル (1960)

ANNIBALE

『ハンニバル』と言っても2001年のアンソニー・ホプキンスが出た映画でも、猟奇的な殺人鬼が出る映画でもまったくありません。世界史で誰しもが学んだ紀元前3世紀も末期のカルタゴの英雄、ハンニバルを描いた1960年の歴史スペクタクルです。私にとって『ハンニバル』と言えばこの映画だったもので、2001年のものはてっきりこのリメイクだとばっかり思っていました(苦笑)。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-08-16 23:27 | 洋画一般

ストーカー (1979)

ストーカー

『ストーカー』と言っても2002年のロビン・ウィリアムズが出た映画でも、執拗に特定人物につきまとうといった映画でもまったくありません。まだそういった「ストーカー」という言葉が世間で言われていなかった頃=1979年のSF映画。私にとって『ストーカー』と言えば、『惑星ソラリス』のアンドレイ・タルコフスキー監督のこの映画が一番に頭に浮かびます。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-08-15 23:44 | 洋画一般

第三の男

第三の男

「第三」という言葉は人の興味を喚起するらしく、「第三」、「第三の~」と名づけられたものは数多くあります。映画の題名ではよく知られてるのが、『第三の男』。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-08-12 23:42 | 洋画一般

ロイ・ビーン

ロイ・ビーン

『西部の男』にも登場する実在だったという判事ロイ・ビーンを主人公にした物語。ジョン・ヒューストン監督、ポール・ニューマン主演によるちょっとコメディ・タッチも入った「オトコの生き様」を見せてくれる映画です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-08-08 23:51 | 洋画一般

ミステリー・サイエンス・シアター3000 劇場版/宇宙水爆戦の巻

MYSTERY SCIENCE THEATER 3000: THE MOVIE

映画を見る時に思わずどんどんツッコミながら見た経験ってありますか?私は・・・・・・あるような気もします(笑)。1988年から10年間、USAはミネソタ州のケーブルテレビで放映されてたという『ミステリー・サイエンス・シアター3000』はそういう映画を流しながら順次ツッコミを入れていく番組だったとか(苦笑)。それだけ長く続くからには人気があったのか、1996年にはなんとこげな内容なのに映画化までされました。その時に俎上に乗せられたのが、1954年のSF映画『宇宙水爆戦』だったりします。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-08-04 23:58 | 洋画一般

宇宙水爆戦

THIS ISLAND EARTH

1950年代のSF映画というと『宇宙戦争』『禁断の惑星』『地球の静止する日』等、思い出される作品はありますが、この『宇宙水爆戦』もある種のインパクトから名前を挙げる人も少なくないかもしれません。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-08-03 23:58 | 洋画一般

スーパーマン II 冒険篇

スーパーマンII 冒険編

前作『スーパーマン』の劇場公開版の最後で「来年は『スーパーマン2』」とあったものの、3年の月日を要して世に出た続編です。スタッフに入れ替わりがあるものの、同じキャストによる極めて正当な続編映画です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-07-31 23:57 | 洋画一般

スーパーマン

スーパーマン

間違いなくアメリカン・コミックスのヒーローとして最も知られている存在です。かつて1950年代に実写テレビ・シリーズやアニメーションはあったものの、意外や意外、実写版の映画が作られたのは1978年になってからのこと。今は亡きクリストファー・リーヴを一躍スターにした作品です。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-07-30 23:53 | 洋画一般

ブリンクス

ブリンクス

ピーター・フォークが『刑事コロンボ』に出演している頃、大泥棒に扮した映画。1950年にボストンで実際に起きた事件を元に映画化された話なのだそうです。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-07-29 23:46 | 洋画一般

スローターハウス5

SLAUGHTERHOUSE-FIVE

心優しきニヒリストという惹句で語られることの多いカート・ヴォネガット・Jr。彼の戦争体験をベースして書かれたSFが『スローターハウス5』という作品でした。その原作を『スティング』、『華麗なるヒコーキ野郎』、『ガープの世界』のジョージ・ロイ・ヒル監督が映像化しています。グレン・グールドの音楽と共に映像が思い出される、そんな映画でした。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-07-24 22:44 | 洋画一般