2006年 06月 24日 ( 1 )

ドラゴンへの道

ドラゴンへの道

「最後のブルース・リー」という副題がつく李小龍(ブルース・リー)唯一の監督兼主演の映画。ブルース・リー映画の中で一応一番コメディっぽいところも見ることができる映画。チャック・ノリスの映画デビュー間もない頃の作品でもあります。また、この映画での苗可秀(ノラ・ミャオ)が今のツンデレの基を築いたとか(ウソです)。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-06-24 23:16 | 香港(中国・台湾)映画