2006年 05月 29日 ( 1 )

アーメン・オーメン・カンフーメン!

アーメン・オーメン・カンフーメン!

若気の至りという言葉があるとおり、若い頃はしゃにむに行動してしまうことも多く、後で思い出すと赤面してしまうことも数々ありますね。そう書きながらあ~んなことやこ~んなことを思い出して、顔から火が出る思いをしちゃいましたけど(汗)。

ということでこの映画『アーメン・オーメン・カンフーメン!』、今やハリウッドで『ペイチェック 消された記憶』や『M:I-2』の監督でヒットを飛ばす呉宇森(ジョン・ウー)監督の若き時代の作品ですが、どうも邦題からして『男たちの挽歌』のような内容を期待してはまずいみたいです(爆笑)。 あらかじめ言っておくと、ハトも二挺拳銃もスローモーションも出てきません(笑)。

続きを読む
[PR]
by santapapa | 2006-05-29 23:59 | 香港(中国・台湾)映画