MUSA -武士-

MUSA -武士-

『パイラン』は張柏芝(セシリア・チャン)目当てで見ましたが、これは章子怡(チャン・ツィイー)目当てで見た映画です。



14世紀の話で朝鮮半島では高麗末期、中国では元末期で明が興った頃、かつての大帝国であった元の支配下にあった高麗と明との関係はよいものではありませんでした。その関係を修復するために高麗は明に使節団を派遣していました。明に到着した高麗の使節団は明から拒絶されて流罪となります。流刑地へと移動する一団に蒙古の軍団が襲いかかって明の監視兵は皆殺しとなりますが、高麗使節団は砂漠で解放されたので高麗へ戻るために過酷な行進を余儀なくされます・・・・・・。

2時間半の長い映画ですが、全編戦いにつぐ戦いの連続です。かなり血なまぐさいシーンもあります(首には骨があるんで、あんな刀で飛んだりはしませんが)。そういうものを通して、戦いの中で敵味方双方の男というものを描こうとした映画でしょう。それぞれに出てくる人間の思惑に入り込める感じです。尺としてはちょっと長すぎたかなとも思いますが、ラストの攻防はなかなかに見せ場がありました。

男のドラマだけに姫様は重要な役割ではあったものの、影は少し薄かったですね。

音楽がいいなあと思ったら鷺巣詩郎なんですね。昔から好きで、元アリスの矢沢透とジョン・スタンレーと組んだ"BLEND"はライブを見に行ったこともあります。かなり今っぽい感じなんですが、非常に聴きやすいサウンド・トラックに仕上がってると思います。


【MUSA -武士- 2001年 韓国・中国】
[PR]
by santapapa | 2004-11-08 22:36 | 世界の映画
<< 未来世紀ブラジル 酔いどれ天使 >>