1:99 電影行動

1:99 電影行動

香港がSARS禍に見舞われている頃、意気消沈する香港を励まそうということで、チャリティーとして作られた短編映画集です。ともかくこの手の企画ですと、目くるめく一線の監督にオールスター・キャストが結束して一致団結することだけでも嬉しい香港映画集。しかもバラエティに非常に富んで、それぞれが宝石箱の中の石のようにひとつひとつが輝いています。



ちなみに収録作品と出演者は次の通り。


『狂想曲』 監督 ジョニー・トー、ワイ・ガーファイ
      出演アンディ・ラウ、サミー・チェン、ラウ・チンワン

『子ブタは体調不良』 監督 フルーツ・チャン
           出演 Shine、サム・リー

『いつも笑顔で』 監督 テディ・チャン
         出演 シッ・ラッイン

『信じるも信じないも ご勝手に』 監督 ツイ・ハーク
                 原作 ウォン・ザ

『必勝香港』 監督 チャウ・シンチー
       出演 ジェニー・イップ

『ミス香港は誰?』 監督 ジョー・マー
          出演 イーソン・チャン、ウー・フォン、ニキ・チャウ、 デニス・ホー

『飛んでる家族』  監督 メイベル・チャン、アレックス・ロウ
          出演 アンソニー・ウォン

『運よ開け』 監督 ダンテ・ラム、ゴードン・チャン
       出演 アーロン・クォック、ジジ・リョン、ウォン・ジーワー、ジョシー・ホー、ジジ・ライ

『マクダルの1:99』 監督 ブライアン・チェ
           出演(声) ジャン・ラム、the Pancakes

『2003年春・追想』 監督 ピーター・チャン
          出演 トニー・レオン、バージニア・ユン(クリストファー・ドイル、サンドラ・ン、アルフレッド・チョン、ポール・ウォン、ジョン・チョン)

『輝ける未来』 監督 アンドリュー・ラウ、アラン・マック
        出演 カリーナ・ラウ、フランシス・ン、アンソニー・ウォン、チャップマン・トー、ショーン・ユー、エリック・ツァン、アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、エディソン・チャン


私は短編映画というのは短い時間ですべてを完結させる分、監督の個性が凝縮されるものだと思っていますが、まさにこの短編集はそのような作品集だと思います。しかも仕事が早く客に魅せることを知っている職人技に長けている監督ばかりですので(いえ、ここにいない監督がそうでないとは言ってません(苦笑))、一粒で12回おいしい作品でした(11本の短編とエリック・ツァンのスピーチ)。

いきなり冒頭の作品から往年の懐かしい『Mr.BOO!』のテーマソングが出てくるのが嬉しいですし、マクダルに会えたのも、私はこの映画が初めてです。『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー スーシン』とそのメイキングを見た時にも思ったのですが、やっぱりツイ・ハークってアニメーションを作りたいという願望があるんでしょうな。チャウ・シンチーは脱力系ながらいかにもチャウ・シンチーらしいし、『飛んでる家族』のアンソニー・ウォンや『2003年春・追想』のトニー・レオン等等、見所もたくさんでした。

人口とエリアの広さも関係しているのでしょうが、ひとたび何かあった時にこういう団結ができて新たな芸術を生み出す文化というのは素晴らしいと思うし、うらやましくも思います。皆の願いが通じたのかこの映画の現地公開時にはSARS禍が治まってきていたそうですが、こういう前向きな精神にはただただ感服するばかりです。


【1:99 電影行動(1:99 電影行動) 2003年 香港=フランス】
[PR]
by santapapa | 2006-08-21 23:15 | 香港(中国・台湾)映画
<< 近況 日本のいちばん長い日 >>