日本のいちばん長い日

日本のいちばん長い日

東宝創立35周年記念作品として作られた当時のオールスター・キャストによる映画です。1945年8月14日から15日にかけてのポツダム宣言の受理とそれに反発する一部軍人のクーデターを描いた、当時大宅壮一監修名義で出された半藤一利によるノン・フィクション『日本のいちばん長い日』を原作としたもの。昨年お亡くなりになった岡本喜八監督による骨太の映画です。




1945年7月26日には日本に無条件降伏を求める米、英、中のポツダム宣言を受諾するかどうかで閣議が開かれますが、国体の護持にこだわる勢力や戦争を続けることにこだわる勢力もあり、ポツダム宣言の受諾は保留。そして、8月6日に広島に、8月9日に長崎に新型爆弾が投下されます。その後も受諾を巡って天皇の地位に関しての条項の解釈で意見がまとまらず、結局8月13日夜半の特別御前会議の天皇の発言でポツダム宣言の正式の受諾を決定、終戦詔書を宮内省で録音して8月15日に流すことにします。ところが、反対派の陸軍青年将校らはクーデター計画を企て、師団長を殺害、宮城の占領と放送局の占拠を実行します・・・・・・。

結果が判っている歴史的な事件を扱っているのですが、全編に流れる緊張感のすごさには圧倒されます。モノクロームの画面で160分近くと決して短い映画ではないのですが、一気に最後まで目を離せない映画になっています。夏の暑さを感じさせる汗の染み出た軍服、岩波文庫を持つ若者、夜間厚木基地の壮行会に集まって日の丸を振る市民など、実に丁寧な描写をした演出と編集、これだけ登場人物の多い群像劇にもかかわらず通して映画を見ただけで判り、印象的なセリフが数多くある脚本、そして、当時一線の俳優たちによる丁々発止の時には鬼気迫る熱演と、見所が多い作品になっています。何よりも「カタい素材」である敗戦日の物語を、これだけ魅せて惹きつけることができる映画に作れたのは素晴らしいとしか言いようが無く、またこのような映画が今後どれだけ作られるであろうかと思わざるをえません。

20分近いアバン・タイトルの途中で大西海軍軍令部次長は強い口調で言います。
「もうあと二千万、二千万の特攻を出せば、日本は必ず、必ず勝てます。いや、もうあと二千万、日本人の男子の半分を特攻に出す覚悟で戦えば!」
今の我々の基準ではまったく正気の沙汰ではないこの言葉は、当時の軍人であれば出してもおかしくない言葉だったのかもしれません。そういう言葉を出すことが正論のひとつであると思われた社会になってしまったのは何だったのか、それを考えていかないと同じような社会が来ないとも限りません。過去を省みず失敗をうやむやにするような姿勢は同じ失敗を生み出す可能性は大きいものですから。

映画では途中、三船敏郎扮する阿南陸相に、後の日本の復興を知る岡本喜八監督はこう言わせています。
「たとえ歴史がどう変わろうとも、日本人のひとりひとりがそれぞれの立場で生き抜き、耐え抜き、そして懸命に働く。それ以外に再建の道は無い」

そして、ラストに「太平洋戦争に兵士として参加した日本人 1,000万人(日本人男子の1/4) 戦死者 200万人 一般国民の死者 100万人 計300万人(5世帯に1人の割合で肉親を失う) 家を焼かれ財産を失った者 1,500万人」というテロップと仲代達矢のナレーションが流れます。

なお、原作の『日本のいちばん長い日』については今年の7月に決定版と銘打たれたものが、文庫として出ています。


『決定版 日本のいちばん長い日』半藤一利(文藝春秋社文庫)
決定版 日本のいちばん長い日


【日本のいちばん長い日 1967年 日本】
[PR]
by santapapa | 2006-08-20 23:57 | 邦画
<< 1:99 電影行動 ハンニバル (1960) >>