HERO 英雄 (2002)

英雄 HERO

「英雄、色を好む」と申しますが、そっちの方じゃない色が印象的な映画ですな。



紀元前200年の戦乱の中国で、国家統一を目論み次々に支配する土地を広げる秦王(陳道明/チェン・ダオミン)の元に、無名(李連杰/リー・リンチェイ)と名乗る男が拝謁に現れます。男が言うには秦王が最も恐れる趙国の3人の刺客、長空(甄子丹/ドニー・イェン)、残剣(梁朝偉/トニー・レオン)、飛雪(張曼玉/マギー・チャン)を倒したと言うのです。彼らの武器を証拠の品して見せられた秦王は、無名を特別に宮殿の中に招き入れて、どうやって刺客を倒したのかを聞きます・・・・・・。

美しい映画でした。結構好きです。ラストのなんともやりきれない感じが心に残る映画でもありました。

リー・リンチェイとドニー・イェンですので、どうしても『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱』みたいな超絶バトルを期待しがちですが、いくら程小東(チン・シウトン)がアクション担当でも 張藝謀(チャン・イーモウ)監督にそれを望むのは 無謀 野暮というもの。あの対決はあの対決でそれなりに楽しめました。ただこの映画がワイヤー・アクションのすべてだと思われると、それはそれで困っちゃう気もしますけど(苦笑)。それと、青い場面で後ろでひとりでくるくる回っているのはちょっと笑いそうになった気も。

ちなみに後に『ヘブン・アンド・アース』を見た時に、中井貴一がチェン・ダオミン扮する秦王に見えて仕方なかったです(笑)。あと、赤い場面で如月に扮する章子怡(チャン・ツィイー)が残剣に扮するトニー・レオンと絡む場面があるのですが、おちちが見えたと思ったらトニー・レオンのだったのでがっかりというのは絶対内緒です(苦笑)。きっと私以外にも5人ぐらいはいると思うのですけど(苦笑)。

この映画はワーナーの宣伝が功を奏して、当時の香港=中国系の映画としては久々の大きなヒットになりました。その3ヶ月後に日本で公開された香港映画なんて大変いい映画で現地の映画賞を総ナメしていてもっと話題になってよかったと思うのですが、観客席がガラガラだったことを思うと宣伝と世間の関心の違いにちょっと悲しかった想い出が。この映画は原題を邦題にしているのですが、これ以降ヒットの影響か、あちらの作品が変な英単語の邦題がつけられるようになってきたと思うのは思い過ごしでしょうか?(苦笑)


【HERO(英雄/HERO) 2002年 中国=香港】
[PR]
by santapapa | 2006-08-05 23:58 | 香港(中国・台湾)映画
<< ガメラ対宇宙怪獣バイラス ミステリー・サイエンス・シアタ... >>