金玉満堂 ~決戦!炎の料理人

金玉満堂~決戦!炎の料理人

中華料理です。満漢全席です(3つしか出てこないけど)。料理対決です。火花が散ります。さすが徐克(ツイ・ハーク)です。



張國榮(レスリー・チャン)扮するチンピラのサンは、山口百恵(!)に会いたくてカナダ(??)に行きたいためにヤクザから足を洗って料理人になろうとします。ホテルのコックの試験に挑戦するものの完全な素人だけにあえなく玉砕。そこで老舗で名門のレストラン「満漢楼」を紹介されて就職しましたが、やることなすこと失敗ばかり。そこへ悪の料理人集団が「満漢楼」に料理対決の挑戦状を叩きつけます。負けたら店を乗っ取られてしまうという中、店の料理人たちは敵に買収されて店主はショックで倒れてしまいます。はたしてサンと店主の娘でこの対決に勝つことができるのでしょうか・・・・・・?

コメディたっぷりの集英社の少年向け漫画誌並みの料理対決ものです。そもそも山口百恵がカナダにいるって設定からして飛んでます。おまけに袁詠儀(アニタ・ユン)扮する跳ねっ返りの店主の娘の妄想の中で、『伊豆の踊り子』のパロディが出てきますが、これがまた変すぎ(笑)。しかも「アナタハキットミウラサンデス」って何だよ(笑)。そりゃ「え?」って聞きなおしますわ(笑)。

でかい魚が店の中で暴れるシーンもベタですが好きです。それと、鐘鎭濤(ケニー・ビー)が味覚をなくしたかつての名料理人リウ・キットとして出てくるのですが、五感を取り戻すための特訓が無茶すぎです(笑)。

ラストの白熱の料理対決も見所でした。審査員席にいる日本人のじいさんが謎すぎです(笑)。妙に強い発言権持ってるし(笑)。

敵のボスの熊欣欣(ション・シンシン)や、サンをサポートする趙文卓(チウ・マンチェク)など脇を固める面々も魅力的です。チウ・マンチェクは、このコメディにあって最初から最後までかっこいいですね。しかし、レスリー・チャン。惜しい人を亡くしました(涙)。

アニタ・ユンがライブハウスでカルメンのハバネラを歌っているシーンがあるのですが、むこうではクラシックに中国語の歌詞をつけた曲がよくありますね。『精装追女仔2004』とか(笑)。ハバネラは阿妹こと張恵妹が香港フィルをバックに歌っているライブがあって、これはすごくお気に入りです。しかし、アニタ・ユンの音痴って地?演技?

【金玉満堂 ~決戦!炎の料理人(金玉満堂/The Chinese Feast ) 1995年】
[PR]
by santapapa | 2004-10-09 09:08 | 香港(中国・台湾)映画
<< ミッシング (1982) クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ ... >>