野蠻秘笈

b0024856_22443941.jpg



外国語に疎い私にはじぇんじぇんタイトルが読めませんが(苦笑)、王晶(バリー・ウォン)監督による張栢芝 (セシリア・チャン)主演の今年の春節映画で現代を舞台にしたスチャラカ武侠映画。王晶と張栢芝という名前に「おっ!」と惹かれる人向けおバカ映画です(笑)。って私向けじゃん(笑)。しかも周星馳(チャウ・シンチー)の『カンフー・ハッスル』の大ヒット以来、『カンフーマージャン(雀聖) 』『雀聖2 自摸天后』に続いて相変わらず元華(ユン・ワー)と元秋(ユン・チウ)がカンフーを操る夫婦役です(笑)。



上官靈鳳(張栢芝 /セシリア・チャン)はごく普通に暮らす女の子のでしたが、14歳の時に自宅に進入してきたヘビ男とネコ女が父親・上官達華(元華/ユン・ワー)と母親・欧陽素秋(元秋/ユン・チウ)と戦うのを見て、両親が武術の達人であることを知ります。それがきっかけで上官靈鳳は両親に連れられて空空大師(黄一飛/ウォン・ヤッフェイ)のいる華山に行き、武術を習得することにします。10年の月日が流れ、上官靈鳳の両親は離婚してしまい、母親にはカレシ(林雪/ラム・シュー)ができて、父親は一團(王晶/バリー・ウォン)と広東の動物園で仕事をしながら妻に未練たらたら。上官靈鳳は古龍(古巨基/レオ・クー)や金庸(森美/サミー・レオン)、上司の林肯(許紹雄/ホイ・シウホン)などがいる会社で普通のOLをしていていましたが、ある時父親が誕生日にプレゼントを贈ってきます。それは楊過と小龍女に仕えていたという千年を生きている神雕だったのです・・・・・・。

『カンフー・ハッスル』の楊過・小龍女役以来、ユン・ワー&ユン・チウの夫婦コンビを使えるだけ使おうと思っているのでしょうか?(笑)バリー・ウォン監督全開と言ったら中身は推して知るべしで、徹底的に脱力系おバカ映画になっています。テンションは普通程度(笑)。バリー・ウォンは2年前にも『天下第一』というおバカな連続テレビ古装片を程小東(チン・シウトン)をアクション監督に迎えて、李亞鵬(リー・ヤーポン)らの主演で(倉田保昭御大も出ています)作っていますが、この映画では古装片の江湖の連中が現代にいたらという武侠小説のパロディ満載。武林の面々は気が短いのが常ですから(苦笑)、ともかくやたら力で決着をつけたがりますのでアクションは満載。ユン・ワーとユン・チウ夫婦は会う度にケンカしてるし、ラム・シューは巻き込まれて殴られるし、やたらめったら皆ワイヤー・アクションで戦いたがるところはさすが武侠(苦笑)。しかも『射雕英雄伝』やら『神雕侠侶』が入っていますから、降龍十八掌みたいな超能力技を敵が出してきたりします。

でこの映画の真の主人公(?)は『神雕侠侶』に出ていたという神雕。これが見事なまでに等身大の着ぐるみ(爆笑)。千年というのは長い年月ですが、いつの間に縮んだでしょう?(笑)しかも着ぐるみ具合が『レスリー・チャンの神鳥英雄伝』と完全にタメを張ってます(苦笑)。このあたりの超安っぽさがさすがはバリー・ウォン(←何が?(笑))。しかもこの神雕、人鳥問わず女好きで、普段は水着のグラビアを見てたり、ソファーにくつろいでテレビで水着ショーを見てたりする妙におっさんくさい神雕(爆笑)。かと思えば華山に行くはずなのについつい鶴のお尻を追っかけて富士山に行ってしまったりします(苦笑)。方向、逆やろ?(笑)タクシーで華山に行こうとするユン・ワーもナニですけど。そしてこの神雕、原作の設定通り言葉は喋れませんが、丸出ダメ夫のボロットみたいにボードに字を書いてコミュニケーションをとるのですが、何も手間がかかりそうな立体の文字プレートを貼り付けなくても(笑)。

また降龍十八掌のCGはなかなかの出来だけあって、その他のむちゃくちゃチープな特殊撮影は、もちろんわざとだと信じています(笑)。雨の中で赤い服対黄色いカサとレインコートといった色鮮やかな、まるで馬楚成 (ジングル・マ) 印みたいな場面もあったりします。娯楽の王晶だけあってプーサイド・パーティでの水着満載の場面といったサービス・シーンも。セシリア・チャンは残念ながら水着姿を披露しませんが、武侠おなじみ気を注入する場面ではちょっとしたセクシー・ショットも。ユン・チウの入浴シーンも、サービスの一環なのでしょうか?(苦笑) そう言えば『ザ・ミッション 非情の掟』の紙くずサッカーのパロディもありました(笑)。これもサービス(笑)。ムードたっぷりにセシリア・チャンが感情を込めた演技で涙を流し普通だったら泣かせるシーンや、よくある回想を交えて愛を語るシーンもありますが、そんなもん、枝葉末節でどうでもいいと思ってしまうところあたりは、さすがはバリー・ウォンですな(笑)。


【野蠻秘笈(My Kung-fu Sweetheart) 2006年 香港】
[PR]
by santapapa | 2006-04-30 22:46 | 香港(中国・台湾)映画
<< ストップ・メイキング・センス 女ひとり大地を行く >>