宇宙戦艦ヤマト (劇場版)

宇宙戦艦ヤマト(劇場版)

日本の高度成長期に洒脱なメロディと編曲で日本の歌謡曲をリードされた宮川泰氏が、本日3月21日に75歳で心不全でお亡くなりになったそうです。ご冥福をお祈りいたします。

宮川メロディとその編曲を子守唄代わりに育った人間としては、時の流れを感じるものがあります。若い世代(といっても、考えたらもう若くはなくなっているでしょうけど)には宮川泰といえば、『宇宙戦艦ヤマト』が思い出されるのではないでしょうか。



西暦2199年、人類は絶滅の危機に瀕していました。恐るべき科学力を誇る謎の侵略者ガミラスの遊星爆弾の前に地表は放射能に汚染され海は干上がり、人類は地下に都市を建設して移り住む以外に生き延びる方法はありませんでした。しかし、その汚染の進行も止め処なく、あと1年で人類は滅亡することになります。地球防衛軍の艦隊もガミラスに応戦しますが歯が立たず、次々と葬られることに。そんなこともあろうかと思ったのか、遥か14万8000光年の彼方にある大マゼラン星雲にある惑星イスカンダルから一つのメッセージが届きます。イスカンダルには放射能除去装置コスモクリーナーDがあり、人類が未来を望むのなら知恵と勇気を持って受け取りに来るようにメッセージは伝えます。とはいえ仮に光速で飛んでも片道14万8000年。往復で29万6000年かかるイスカンダルまで掃除機を取りに行くにはあまりにも無茶だし、そもそも余命1年の地球には間に合わないというもの。そんなこともあろうかと同時に送られて来た波動エンジンの設計図を元に、干上がった海の中から現れた第二次世界大戦で沈没した戦艦大和を改造して、宇宙戦艦ヤマトとしてガミラスと戦いながらイスカンダルまで向かう計画が始まります・・・・・・。

1974年10月からテレビ・アニメーションとして放送された『宇宙戦艦ヤマト』の総集編劇場版です。なぜ放映時から少しタイムラグがあるのかというと、テレビ・アニメーションの放映時には視聴率が芳しくなく、番組自体縮小されて半年26話で打ち切り。当時は同じ時間帯に他局で『アルプスの少女ハイジ』があったそうですが、私がいた民放が2局しかない地方ではその時間帯の番組は『猿の軍団』でした。残念ながら『猿の軍団』は見ていませんでしたが、当時ヒットした映画『猿の惑星』に影響されたとはいえ、小松左京、豊田有恒、田中光二が原作にからみ円谷プロが制作したそうで、今考えると多少トホホでも見たかったような。話題はそれましたが、その後『宇宙戦艦ヤマト』は再放送を通じて人気が高まり、遂には総集編による劇場版の上映と続編の制作が決定されたということです。

スタッフは西崎義展・製作原案、松本零士・原作、豊田有恒・監修となっていて、私は大方「『宇宙大作戦(スター・トレック)』ではエンタープライズって名前だったから、こっちはヤマトを飛ばすべ」みたいな発想だったんじゃないかと勝手に想像していますが(笑)、宇宙船とはいえ船を改造して飛ばすのはあまりない話ではありますね。名前もヤマトってまんまですし。そういえば『スター・トレック』のシミュレーションに出てくる宇宙船の名前が「コバヤシマル(小林丸)」だったのを思い出しましたが(爆笑)、意外になかなか宇宙船で日本っぽい名前がついているものがないような気も(笑)。

この作品は当時子供の頃においてもSF好きには宇宙の上下や、宇宙空間で燃えている所や、何度もすぐに自然治癒しているとしか思えない船体など、いろいろと突っ込みどころ満載のアニメーションでしたが、それなりに楽しめるアニメーションでもありました。地球防衛軍が全員日本人で、ガミラス(あんまり顔色よくなさそうです)がどう見てもナチス・ドイツっていう部分がなんとも(苦笑)。効果音が、後に廉価なモノフォニック・シンセサイザーが出た時代にSF的効果音を作る参考になるような音でした。翌年の第ニ作までは見に行きましたが、あまり肌に合わなかったかも。

この映画の音楽を担当したのが宮川泰。ザ・ピーナッツの曲やアレンジ、クレージー・キャッツや(日本の)ドリフターズの映画の音楽担当でも知られる宮川泰ですが、この映画でのスコアは代表作のひとつに数えられるだけあって、メロディもアレンジもなかなか素晴らしいものがあります。後に交響組曲として編曲されたものの一部が、関光夫のFMの映画音楽番組で流れたことも。なにもかもがなつかしい出来事です。

ちなみに宮川泰のザ・ピーナッツの曲を、一時期飛ぶ鳥を落とす勢いだったRMMのセルヒオ・ジョージがサルサ・アレンジした企画アルバム『サルサ・ピーナッツ』は隠れた名盤。USAで出なかったのが不思議なぐらいRMMのサルサ・サウンドになっていて、宮川泰のメロディが国際的にも通用することを音で示してくれます。


サルサ・ピーナッツ
サルサ・ピーナッツ(再発ジャケット)


【宇宙戦艦ヤマト (劇場版) 1977年 日本】
[PR]
by santapapa | 2006-03-21 22:32 | 邦画
<< クレージー黄金作戦 狼の紋章 >>