SPL/狼よ静かに死ね

SPL/狼よ静かに死ね

雛祭りの日はそそくさと仕事を済まして、blogにエントリーを上げて、新宿オスカーでの『SPL/狼よ静かに死ね』の前夜祭上映があるということで新宿におでかけ。サモ・ハン・キンポーとドニー・イェンを堪能してまいりました。



1994年の香港。黒社会のボスであるポー(洪金寶/サモ・ハン)の犯罪の立証のために証人が裁判所まで車で護送されますが、その途中何者かが証人を襲って惨殺。拘留されていたポーは証拠不十分で釈放されます。ワー(廖啓智/リウ・カイ・チー)、サム(夏韶聲/ダニー・サマー)、ロク(智堯/ケン・チャン)といった部下とともに、ポーの逮捕に自分のすべてを賭けるチャン刑事(任達華/サイモン・ヤム)は悪性の脳腫瘍という病に冒されながらも、亡くなった証人の幼い娘ホイイーを引き取って育てながら、ポーを執拗に追います。3年後、病状の悪化が元で退職を決めたチャンの代わりに、捜査班のリーダーとしてマー(ドニー・イェン/甄子丹)が着任することになります。マー刑事はかつて犯人を素手で殴って廃人にしてしまったことがあるといわれた男でした。チャンは退職前にポーのアジトを急襲するとポーの部下を次々に逮捕、抵抗する者は容赦なく射殺します。その間、チャンの部下はこっそりとポーのアジトにあった金を車のトランクに積み込みました。その直後にポーの下に行かせられていた潜入捜査官が無残な死体となって発見。ところが、偶然その場にいた少年のビデオに殺人の瞬間が映っていて・・・・・・。

香港黒社会を背景にしたバイオレンス色の非常に強いアクション映画。登場人物はいずれも「悪」に手を染めているし、暴力シーンはごついし、極めて硬質の映画です。特に目玉であるサモ・ハン・キンポーとドニー・イェンががっぷり四つに組んだバトルが、やはり非常に見ごたえのある映画でした。実際、もう2人の戦いに関しては驚嘆するばかりで、何も言うことはないです。もっともあの場面だけを何の予備知識もなく見たら、人の良さそうな太った老刑事と精悍な悪役が、息をもつかせぬ戦いを演じているように見える可能性もありますけど(笑)。

ポーの部下で非情な殺人者ジェットを演じる呉京(ウー・ジン)も、えらく迫力がありました。最近だと実際にああいう感じで、しかも理由なく人を殺すような輩がいそうで、妙なリアリティのある怖さも加わってます。ウー・ジンとドニー・イェンの瞬きする暇もないスピード・バトルもまた必見です。我らが谷垣健治もいつものようにアクション監督ドニー・イェンの下でスタント・コーディネーターをしながら、ポーの部下として出演しています。

ストーリーの大筋はだいたい想像がつくような内容ながら、親子の情愛や部下との信頼関係をからめて、とても切ない映画でしたね。ゴツゴツした場面の映像と、何度か出てくる海岸の場面との対比も見事です。

音楽は陳光榮(チャン・クォンウイン)で情感溢れるスコアが全編を流れますが、人によってはちょっとうるさく感じるぐらいかもしれませんが、ツボを心得た演出になっていました。日本版DVDが出るのが楽しみな映画です。


SPL/狼よ静かに死ね 公式サイト
SPL/狼よ静かに死ね

SPL/狼よ静かに死ね 公式blog


【SPL/狼よ静かに死ね(SPL 殺破狼) 2005年 香港】
[PR]
by santapapa | 2006-03-04 09:17 | 香港(中国・台湾)映画
<< えきすとら (後編) えきすとら (中編) >>