ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地争覇

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地争覇

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱』に続く李連杰(リー・リンチェイ)が黄飛鴻扮するワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ・シリーズの第3弾。



清朝末期、北京では時の権力者・西太后が「獅子王争覇」と呼ばれる大武術大会を開催することにします。そしてちょうどその頃、黄飛鴻(李連杰/リー・リンチェイ)は十三姨(關之琳/ロサムンド・クァン)との結婚を許してもらうために弟子の梁寛(莫少聡/マク・シウチン)と共に北京に帰ってきます。ところが北京では「獅子王争覇」のために道場間で争いが頻繁に起こっていて、黄飛鴻の父・黄麒英(劉洵/ラウ・シュン)も油屋チャオの手下である鬼脚七(熊欣欣/ション・シンシン)によって大怪我を負わせられます・・・・・・。

徐克 (ツイ・ハーク)監督とリー・リンチェイ主演によるワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ・シリーズの初期の3作のラストを飾る作品ですが、十三姨との結婚話もあってか全2作に比べてちょっとコメディ・タッチの映画。こうなるとリー・リンチェイがボケ役に回るのが必定で(笑)。アクションはあいかわらずキレがいいしすごいのですが、ラストの「獅子王争覇」は中国の獅子舞が画面全体で戦う趣向なもんで、生身アクションを期待するむきにはちょっと不完全燃焼かも。前作『天地大乱』がすごすぎたというのもあるのかもしれませんけど。

その生身アクションでは新しいキャラクターとして登場したション・シンシンの鬼脚七がかっこいいです。本人を中心に据えた小さなドラマもあって、一気に感情移入しちゃいますね。それに加えて黄飛鴻の父役のラウ・シュンもなかなか強く、見せ所を作っていました。


【ワンス・アポン・ア・タイム 天地争覇(黄飛鴻之三: 獅子王争覇/Once Upon A Time ln China III) 1992年 香港】
[PR]
by santapapa | 2006-02-20 00:14 | 香港(中国・台湾)映画
<< ワンス・アポン・ア・タイム・イ... INDEX '06. ... >>