香港淫殺倶楽部/ポイズン・ガールズ あぶないカ・ラ・ダ

香港淫殺倶楽部/ポイズン・ガールズ あぶないカ・ラ・ダ

邱淑貞(チンミー・ヤウ)と任達華 (サイモン・ヤム)の、言わば香港版Vシネマ。王晶(バリー・ウォン)の会社の王晶工作室有限公司製作による映画で、製作・製作総指揮・脚本をバリー・ウォン自身が担当しています。



香港では手足を折られ局部を打ち抜かれるといった残虐な殺人事件が相次ぎます。事故で兄を殺して以来拳銃を扱えなくなった刑事ティナム(任達華 /サイモン・ヤム)は復帰してこの事件に当ります。そんな時、床屋で女友達のために暴れるキティ(邱淑貞/チンミー・ヤウ)と遭遇。ティナムがポケット・ベルを亡くしたことがきっかけで、二人は親密になっていきます。そんな時、キティの父が間男でヤクザのビー(盧惠光/ロー・ワイコン)と揉みあって殺されてしまいます。怒りのキティは銃を持ってビーの会社に乗り込むと大暴れをします。逃げる途中で大物の殺し屋であるシンディ(姚[火韋]/ケリー・ユー)に保護されて、キティは名前をシャン・ヒュークンと変えて指紋も変え、シンディの指導の元、殺し屋になるための修行をします。一方シンディの元弟子である殺し屋プリンス(呉家麗/ン・ガーライ)とその相棒は、息子の敵としてシンディ殺害の依頼を受けていました・・・・・・。

大変思わせぶりなタイトルですが(爆笑)、エッチな描写はせいぜいVシネマ程度のアクション映画。スタイリッシュな映像を意識していると思わせる作り方で、当時の香港映画としてはまずまずだったのではないかという感じの映像でした。脚本をバリー・ウォンがやっている割にはサービス精神が普通で(笑)、これでもかというてんこもりにならないのが物足りなくもあります。もちろん、ツッコミどころは満載で(笑)、特にチンミー・ヤウがケリー・ユーのところに戻るのになんで夜までかかってるねんとか、サイモン・ヤムいつまで気絶してるねんとか思うと、ケリー・ユーが不憫で涙が止まりません(苦笑)。

で、やはりこの映画の見所というか誰もが見る目的はチンミー・ヤウさまのセクシー・ショットの数々では。あくまでもVシネマ程度ですが(笑)、「いいオンナ・フェロモン」をふんだんに振りまいています。眼福眼福。


【香港淫殺倶楽部/ポイズン・ガールズ あぶないカ・ラ・ダ(赤裸羔羊/NAKED KILLER) 1992年 香港】
[PR]
by santapapa | 2006-01-30 23:26 | 香港(中国・台湾)映画
<< チェブラーシカ スーパーガール >>