スーパーマン

The Adventures Of Superman

「弾丸よりも速く」
【ズキューン!】

「機関車よりも強く」
【シュッシュッシュッシュッシュッ】

「高いビルなどひとっ飛び」

「空を見ろ!」
 「鳥だ!」
  「ロケットだ!」
   「いや、スーパーマンだ!」



冒頭、名調子のナレーションと共にいつも始まったのが、テレビ・ドラマ版『スーパーマン』です。スーパーマンの映像化は、今年は映画で19年ぶりに『スーパーマン リターンズ』として復活するそうですが、USA本国では1953年から4年間放映されたのがこの番組。その前には1940年にフライシャー兄弟によるアニメーション・シリーズもありましたが、こちらは実写版でジョージ・リーブスがクラーク・ケント=スーパーマンに扮していました。

日本では1956年からテレビで放映されたそうで、最高視聴率は73%にもなったとのこと。日本人にスーパ-マンの存在を広めた最初のメディアであったと言えましょう。冒頭のナレーションはあまりにも有名な言葉で、パロディも含めて聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。機関車というのがまた時代を感じさせてくれますね。また、電話ボックスで変身して摩天楼の遥か上を飛ぶバンク・シーンも印象的でした。

このテレビ・ドラマは人気番組であっただけに、その後も何度かテレビで再放送されたそうです。風呂敷をマントにしてスーパ-マンごっこをして遊ぶ子供も多く、悪ガキは後ろ向きに走って「タマよりも速く・・・・・・」とか言ってました(苦笑)。

主演のジョージ・リーブスは残念ながら1959年にピストル自殺で亡くなったそうで、原因はスーパーマンのイメージがあまりに強すぎて他の役柄を演ずることができなかったことだとも伝えられています。この事件を元にした映画『Truth, Justice, and the American Way』が作られているそうです。「Truth, Justice, and the American Way」とは「真実、正義そしてアメリカとしてのあり方」という意味で、スーパーマンの大義として知られる有名なセリフなのだそうです。


【スーパーマン(The Adventures Of Superman) 1953~1956年 USA】
[PR]
by santapapa | 2006-01-27 22:04 | 海外テレビドラマ
<< スーパーの女 カプリコン・1 >>