天使行動2

西城秀樹、李賽鳳(ムーン・リー)の出演した『天使行動』の続編。西城秀樹を除いた李賽鳳(ムーン・リー)、方中信(アレックス・フォン)、呂少玲(エレイン・ルイ)に新しくメンバーも加えて、今回はマレーシアでの活躍です。



誘拐事件を解決したフォン(アレックス・フォン)、ムーン(ムーン・リー)、エレイン(エレイン・ルイ)の3人は、骨休めにマレーシアのクアラルンプールに旅行をします。旅先でフォンは大学時代に三羽烏として親友だった現地の大実業家のピーター・カム(ナサン・チャン)とCIAのマルコと出会って意気投合、旧交を温めます。そんなピーターに惹かれていくエレイン。ところがピーターは自分のヤシ園の奥に秘密裏に私設軍隊を編成、自分の理想のために政府転覆のクーデターを狙っていました。以前からクーデターの噂を聞きつけていたCIAのマルコはそれをかぎつけますが、ピーターの軍の兵隊に見つかって拷問を受けることに。マルコの失踪にCIAはフォンに捜査の引継ぎを依頼。その話を聞いたエレインは信じられないと思いながら、夜中にこっそりとヤシ園に飛ぶピーターのヘリコプターに潜入すると後をつけます・・・・・・。

エンジェル1の西城秀樹は前作で懲りたのか(自分の代わりに飛び降りたスタンドが瀕死の重傷を負ったということもあったとか)、前回のみの出演。日本で「リンゴとハチミツ、トロ~リ溶けてる・・・・・・」と言っている間に残りのメンバーで事件を解決です。今回から応援として、後半にエンジェルの一員として夏雲娜(カリーナ・イサ)が参加。強面な感じで、また違った色が加わったというイメージでした。インターポール麻薬捜査班のフォンは今回もエンジェルたちと一緒に行動しているのですが、前回の活躍で三階級特進(日本だと警部補から警視正って言ったところでしょうか)したと言っている割には、なぜかCIAの捜査を引き継いだりしています(笑)。ひょっとして転職した?まあ、次回作ではまた身分が変わっていますけど(笑)。

ナイトクラブで微妙な歌を聴きながら(笑)大学時代の友人が3人、ジョッキ3杯のビールをイッキ飲みをしながら旧交を温める場面は地味ながらいいですね。このシーンがあって、それぞれの後の立場の苦悩、そしてラストが生きてきます。

冒頭の人質奪回はツカミらしい軽快なアクション、そしてラストはミニ戦争、野戦大会ですね。ゲリラ戦に始まり派手な撃ち合い、そしてガンガン爆発しています。人間ロープウェーもかっこいいですが、25mの哨戒用の櫓にバヅーカを打ち込まれてスタントなしで飛び降りるムーン・リーのシーンはむちゃくちゃすごくて、見ている方としては口が空いたままアングリでした。忘れていましたが、アクション監督は唐季禮(スタンリー・トン)でしたね。無茶やらせる人です(苦笑)。屋根突き破って落ちたら荷物に身体をしたたかに打ちつけるし、爆発はでかいし、爆発で人が燃えてるし。また、火薬庫での兵士2人を相手にしたムーン・リーのアクション・シーンはかっこいいです。前作よりもキレが増して、なかなか見せてくれます。エレイン・ルイもポイントポイントでかっこいいところを見せてくれますね。

途中、ほんのわずかですがムーン・リーとエレイン・ルイの水着ショットのサービスがあるのが嬉しいところです(笑)。ラストに前作のようなオチもなく過剰な情緒に流れるような終わり方ですが、全般的に見て前作も好きですがこの作品も負けず劣らず好きな映画ですね。


【天使行動2(天使行動之二 火鳳狂龍/ANGEL II) 1988年 香港】
[PR]
by santapapa | 2006-01-21 23:39 | 香港(中国・台湾)映画
<< 天使行動3 ホテル・ハイビスカス >>