ドラゴンVS不死身の妖婆

ドラゴンVS不死身の妖婆

『英雄本色』というと有名なのは『男たちの挽歌』ですが、台湾映画のこちら、『ドラゴンVS不死身の妖婆』も原題は『英雄本色』。妖しい邦題ですが、王羽(ジミー・ウォング)が妖しい婆さん(しかも攻撃が効かない)と戦うので、まったく看板に偽りなしです。 敵として倉田保昭も出てきてジミー・ウォングと丁々発止の戦いを繰り広げますが、あくまでもラストに立ちはだかるのは、見た目、ただの普通のおばさん風の不死身の妖婆です。もしかしたらジミー・ウォング先生のキャリアの中でも最大の強敵かもしれません(苦笑)。

ところで困るのがジミー・ウォング先生の映画の扱いです。この映画はさすがに「トホホ系 竹」に入れるべきではなかろうかと思って仮にそうしましたが、本当は「ジミー・ウォング」がジャンルみたいなものですのですけど(爆笑)、便宜上ということでご勘弁ください。



1937年、日本軍が台湾を占領している頃、ミギマという一人の日本の軍人が切腹によって自害します。残された3人の息子、テツオ(倉田保昭)、マサキ(龍飛/ロン・フェイ)、タケゾウ(山芽/サン・マオ)は父を死に追いやったリン・メイ・ソウに復讐をするために、妖婆(謝金菊/ツェ・カムガク)に鍛えに鍛えられます。一方、リン・メイ・ソウの息子ハウ(王羽/ジミー・ウォング)はタクシーの運転手をやっていましたが、喧嘩っぱやい上に喧嘩に巻き込まれる体質らしく、いつも揉め事を起こしては最後には相手を半殺しにして治療費を払うはめに。なかなか目の見えない妹の治療費も溜まりません。そんな時、修行の成果もあって強く大きくなったミギマの3人の息子達は父の復讐のために台湾に飛びます・・・・・・。

「1937年 日本軍占領期」という字幕の後、妻と3人の幼子が見守る中、障子のシルエットで切腹の光景、そして明るくファンキーな音楽と共にタイトル・バックが出てきます。そこからは青空の下で妖婆の指導の元、3人の子供が空手着で厳しい修行を積む風景。やがて3人がそれぞれ大人に成長して型を決めながらそれぞれの出演者のテロップが出ます。で、この3兄弟、ぜんぜん似てねぇ~~~!

しかも妖婆も含めて4人の日本語のイントネーションはおろか言葉自体もかなり妖しいです(爆笑)。どういう訳か(多分吹替えなのでしょうけど)、倉田保昭の日本語まで相当に変です(爆笑)。字幕担当の方も戸惑ったのでしょか?自信がない部分についてはカッコ書きでテロップを出していました(苦笑)。

例えばこんな具合の会話です(「」は音声、【】は字幕)。

「ミツカタ?」→【見つかった?】
「ドナヤロカ?」→【どんな野郎だ?】
「アワナカタガ、コドモタチニアッタ」→【会わなかったが、子供たちに会った】
「コドモタチ?シアワセナ、オヤジヤデ」→【子供たち?幸せな親父やで】
「ボクタチハ、オヤジ・・・・・・オヤジ」→【僕たちは親父・・・・・・親父】
「ダカラ、カナラズホウショウスルンダ」→【だから必ず復讐するんだ】
「オレタチハ、イケベノコドモジャナイ。ミジメノコダ」→【俺たちは池辺の子供じゃない。ミギマの子だ】
「オモナカエシジャナイ。ホウショウデキタンダ」→【恩返しじゃない。復讐できたんだ】
「リンメイソウハ、コロス。カレノコドモタチ、コロシンダ」→【リン・メイ・ソウは殺す!彼の子供たち、殺すんだ】
「オレハ、ヤロナツパラミタイ」→【(俺は野郎の反応を見たい)】
「ボクタチハ、ミチマルコトキタラ、ネズミガイヌワン、ビックリシテロー!」→【僕たちはミギマの子と聞いたら(目をひんむいてびっくりするぞ!)】
「ヤロタチハ、イケベカクセヨ。タクサノコーキニヤ。タクサノペトルカ」→【(俺たちがここへ来たのは、奴に感謝するためじゃない)】
「ナンニモアリマセン。チガイ、ワカリマスカ。ゼンブハ、ハムカクレ」→「(奴は-棺おけに入ることになる)」
「シカシ、タイワン、ヒトヲコロストハ、ムズカシイ」→【しかし台湾では人を殺すのは難しい】
「ダカラ、オマエタチハ、チャンスヘマッテ、ジッケン、ゴー」→【(だからお前たちはチャンスを待ってやるんだ)】

うううっ、難易度、高いっす。「オレハ、ヤロナツパラミタイ」 「ネズミガイヌワン、ビックリシテロー!」

で、下の2兄弟はジミー・ウォング先生扮するハウのタクシーに乗り、一人がハウに場所を案内させている間に、もう一人がこっそりとナイフでタクシーのブレーキを切ります。そこでハウと2兄弟は分かれて、タクシーは一旦バックして止まると元来た道を戻ります。あれ?パス1ってやつでしょうか?(笑)そしてそれからブレーキが効かなくなるから、さあ大変!カーブは多いし暴走族には煽られるし、ジミー・ウォング先生、絶対絶命のピンチです!!あぶない!

・・・・・・次の瞬間、何事もなかったように車庫で車の点検。

 「何の故障だった?」
 「ブレーキが切られている」
 「なぜ、あの日本人はこんなことをしたんだ?」
それよりも、どうやって助かったのだか教えてくれないと夜も寝られません(笑)。

そんなこんなで、ハウの父リン・メイ・ソウは恩人の息子を装うミギマの息子3人の周到な罠にはめられてしまいます。「俺たちの顔をよく見ろ!」と言って、実は切腹したミギマの息子だと気づかせるためにミギマと3人の顔が次々に繰り返し映りますが、全員、誰もぜんぜん似てねぇ~~~!なのに気づいてあげた優しいリン・メイ・ソウを、結局3兄弟はボコボコにして病院送りに。「誰にやられた?」と訊くハウに父は事を荒立てまいと「ただのケンカさ」と答えます。「ケンカでここまでやられるかよ」と息巻くハウ。とても前半でケンカの度に人をボコボコの半殺しにして病院送りにして治療費を払ってばっかりだったお方の発言とは思えません(笑)。

続けてハウの妹と弟を襲う3人。怒り心頭のハウはまずタケゾウをボコボコにするとチェンソーで殺害(サン・マオは、後に実際にタクシーの運転手との口論が原因で殺されたと思うと不憫でなりません)。続けてハウはマサキを叩きのめすと製材所の機械で圧死させます。血のにじむ特訓をした割にはあっけないような気もしますが、プログラム・ピクチャーなりの適正な長さを考えるとそうも言ってられないのでしょう。

そしてついに長男のテツオが登場。我らが和製ドラゴン・倉田保昭、どういう訳か、ゲタに着物です(笑)。ダブル・ヌンチャク、振り回しています。ジミー・ウォング対倉田保昭。手に汗握るなかなかの好勝負でしたが、主人公には勝てず、倉田保昭は敗れ去ります。

3人の息子の悲報を聞いた妖婆はJALに乗って台湾へ乗り込みます。ただの普通のおばさんにしか見えないのをいいことにジミー・ウォングのタクシーに客を装って乗り込むと、山奥に導いて恨みを晴らしに来たことを告げます。3人の息子の写真を見せた後、投げると写真が木の幹に刺さるのがすごいです(笑)。そして、強い!!ジミー・ウォング先生の技を受けると、「たいした腕じゃないね」と言い放ちます。『カンフー・ハッスル』もびっくりです。腹をいくら殴ろうが蹴りを繰り出そうが、妖婆は平気の平左。逆にパンチをくらってひっくり返る始末。たまらずジミー・ウォング先生は例によって卑怯な手を使おうと、タクシーに逆ハコ乗りすると、妖婆をひき殺そうとします。妖婆と見ればタクシーのまん前に寝転がって挑発します。これがまた、タクシーに3度轢かれても平気の平左(爆笑)。「轢きなさい」とばかりにアピールされる始末です(苦笑)。さすがの天皇巨星ジミー・ウォング大先生もびっくりです。そして妖婆が消えたので(タクシーのトランクに隠れたのですが普通は気づかんかなあ?(爆笑))、会社の車庫に戻るジミー先生。ところがそこにいきなりまた妖婆が現れてびっくり。かなわぬ相手に死闘を繰り広げることになります。結末は見てのお楽しみ。

妖婆役のツェ・カムガクは台南で夫婦で武術道場を開く傍ら、武術を使って実演薬売りもやってたとか。この映画が元で、欧米では「カンフー・ママ」とも呼ばれているのだそう。ボックスの特典ディスクのジミー・ウォングのインタビューによれば、「あれは本当に殴っている。気功だ。気を集中させているから大丈夫。背中を棒で殴りつけても平気だった」って言ってますけど、マジッすか?(苦笑)


【ドラゴンVS不死身の妖婆(英雄本色/KNIGHT ERRANT) 1973年 台湾】
[PR]
by santapapa | 2006-01-19 03:40 | 香港(中国・台湾)映画
<< ホテル・ハイビスカス 【ヴァンゲリス】 >>