ツインローズ

b0024856_4564147.jpg

『ツインズ・エフェクト』『花都大戦:ツインズ・エフェクトII 』でのアクションでも好評を博した蔡卓妍(シャーリーン・チョイ)と鍾欣桐(ジリアン・チョン)のユニット、ツインズを主役にした昨年のアイドル春節映画です。『ツインズ・エフェクト』で共同監督と武術指導をした甄子丹(ドニー・イェン)が今回も同じ役柄を、そして共演した鄭伊健(イーキン・ チェン)も共演しています。



大学の心理学科を主席でしかも最短記録で卒業しそうなロウ・キュー(鍾欣桐/ジリアン・チョン)は自分の名前をフルネームで呼ばれると凶暴になってしまう性癖の持ち主。そして、自分を宇宙人だと信じていて実は時々超能力も使えてしまうサンディ(蔡卓妍/シャーリーン・チョイ)。2人は住む所を探してる時に偶然同じアパートで交渉中に出合って意気投合します。住む場所を探して一緒に歩くうちに、「住み込み 報酬優遇 福利厚生完備 職種”見習い” 美女限定 非凡な独身者」という張り紙を見つけます。これこそ天の恵みと2人は面接を受けるために、心優しく陽気なタクシードライバーのロー(鄭伊健/イーキン・チェン)が運転する車で怪しげな屋敷に向かいます。ところがそこは怪しい仕掛けが山ほどある謎の屋敷でした。そして2人の前に現れたのは伝説の正義の人・黒薔薇(毛舜[竹/均]/テレサ・モウ)で、2人は弟子入りしてしまうことに・・・・・・。

向こうでは人気のある人物らしい黒薔薇(日本で言うねずみ小僧みたいなものなんでしょうか?)の名前をフィーチャーした『黒薔薇VS黒薔薇』に大きくインスパイヤされているというだけあって、そちらでは黒薔薇を名乗ったためにえらい目にあってしまったテレサ・モウが今回の黒薔薇に扮しています。そして『黒薔薇VS黒薔薇』でもあった不思議で変な感覚も受け継いでます。それに加えてパロディも満載でおバカ度もかなり高いアイドル春節映画に仕上がってます。蛇拳、酔拳の修行の様や使うところは笑うと同時に懐かしさもありました。また最後近くの「またそのポーズ?」、「人気あるのよ」ってのも『ツインズ・エフェクト』人気でしょうね。

前半は摩訶不思議感覚の進行で、後半はドニー・イェンだけあって見せるアクションたっぷりの展開。なんでかイーキン・ チェンがテレビ版『バットマン』のロビンの扮装をさせられます(笑)。なんだかこの映画でのイーキン・ チェンは昔の西城秀樹が入っているような若々しさがありますなあ(笑)。『ツインズ・エフェクト』で吸血鬼の血清を打ったからでしょうか、地で演技が出来ているからでしょうか、それともツインズの2人の入った風呂に一緒に入ったからなんでしょうか?(爆笑) 

ちなみに敵のポイズン・アイビー党というのも『バットマン&ロビン Mr. フリーズの逆襲』から来たんですかね。小道具もらしさを出してましたけど。

『黒薔薇VS黒薔薇』でもあった「突然ミュージカル」も中盤でありましたが、イーキン・ チェンはともかくも(苦笑)、ツインズの2人は一応職業は歌手でしょうからあの音程に対しての不自由さはかなりやばいのでは?(苦笑) ライブDVD持ってるから知ってはいますけど(苦笑)。

しかしなんと言ってもこの映画はポイズン・アイビー党の配下の小魔女、制服姿でパンチラもものともせず、ダブル・ヌンチャクを振り回すドニー・イェンの妹、甄子菁(クリス・イェン)ですな。年齢不詳ですけど(笑)。かわいいっ!かっこいいっ!!兄譲りの才能を感じさせるキレの良さは2人を相手にしても全然負ける感じはしないです。彼女を主役にして1本映画を撮ってもらいたいぐらいですな。


【ツインローズ(見習黒[王攵]瑰/Protage de la Rose Noire) 2004年 香港】
[PR]
by santapapa | 2006-01-08 05:01 | 香港(中国・台湾)映画
<< ムトゥ 踊るマハラジャ ハレンチ学園 >>