時をかける少女 (1983)

時をかける少女

筒井康隆原作の同名小説を、角川映画が新人オーディションで特別賞を受賞した原田知世を主演として大林宣彦監督で撮った映画。原田知世の初主演作です。



土曜日の放課後、掃除当番の芳山和子(原田知世)は実験室で不審な物音がするのを聞いて中に入ってみましたが人の姿はなく、床に落ちたフラスコの中の液体が白い煙をたてていただけでした。フラスコに手をのばした和子は不思議な香りに包まれて気を失ってしまいます。その場所にに来て和子が倒れていることに気づいた幼馴染でクラスメイトの堀川吾朗(尾美としのり)と深町一夫(高柳良一)は、和子を保健室に運びます。保健室で気づいた和子は実験室を見に行きますが、何も不審な後はありませんでした。ただ、和子はあの不思議な香りだけは覚えていて、それが深町一夫の祖父と祖母が温室で作っているラベンダーの香りだと判った時にはまた温室で気を失ってしまいました。そんなある夜、大地震が起こって慌てて外に避難した和子は、堀川吾朗の実家の醤油蔵の方で火の手があがっているのを見て、あわてて駈けつけます。幸い火事はボヤ程度で済み、パジャマ姿で様子を見に来ていた一夫と和子は家に戻ります。翌朝、寝坊をした和子は学校へ急ぐ途中に吾朗と一緒になったのですが、突然古い御堂の屋根瓦がくずれ落ちてきます。ところが、気がつくと和子は自分のベッドの中にいました。夢だと思い、学校に行くと黒板に書いている日付が昨日の日付で、友人は誰も前の日に地震があったことを知りません・・・・・・。

一言で言えば原田知世のアイドル映画ですので、あまり野暮なツッコミは無粋というものでしょう。私はロングヘア派なので趣味ではないにしても、確かにあどけなさの残るかわいさがある娘でしたね。演技力や科白はいささかつらかったりしますが、これは原田知世のみならず周りの助演俳優もそうなので目だってません(笑)。

尾道の風景と松任谷正隆の音楽が相まってノスタルジックな心持にさせてくれる映画でもありました。原作が「時をかける少女」ということになっていますが、舞台を尾道にして脚本もかなり変えているのでまったく別作品の青春アイドル・ムービーとして捉えた方がいいでしょう。SFやファンタジーを期待すると肩透かしを食います。いや、食いました(笑)。サスペンスを感じさせようとする場面は随所に『HOUSE ハウス』を感じさせる部分が。特に特殊撮影シーンはセンスといい、技術といい1983年という時期を感じさえない出来です(苦笑)。今時というか、あの時代でまだミエミエのクロマキー合成だし。波、ザッパ~ンだし(笑)。このあたりは『テラ戦士ΨBOY』とサシで勝負できそうですね(苦笑)。「80年代」-「アイドル」-「SF映画」というキーワードが符合しますし。

正直、この映画はエンディングのシーンで実験室で倒れていた原田知世がイントロの音にむっくりと起き上がり、いきなり「時をかける少女」を歌いだすのを見て、受け入れられるかられないかで男気(???)が試されるのではないでしょうか(笑)。私はまだまだ修行が足りません(笑)。

この「時をかける少女」は松任谷由実の作詞作曲で本人もアルバム『VOYAGER』で歌っていますが、原田知世も歌唱力は負けてないです。ちなみにこの映画の音楽も担当した松任谷正隆は映画の中で、深町一夫の亡くなった父親として写真で出演しています。

「時をかける少女」はその昔、少年ドラマシリーズとして『タイム・トラベラー』というタイトルでジュブナイル向けテレビドラマ化されていました。子供心に惹きつけられる番組で、特に原作を離れた『続タイム・トラベラー』のテーマ曲、毎回の始まりのナレーションと、ラストの衝撃的な終わり方は忘れられません。この番組を見た後、原作を読んで作者に対する印象はこの小説が基になっていました。後に「乱調文学大辞典」を読んで、子供にはわからない単語がたくさん出ていたのですが(笑)、「変な本だな」という印象に。数年後、叔父貴にもらった本(確か『日本列島七曲り』だったと思うのですが)の「陰悩録」を読んで、「なんじゃ、こりゃ~!?」と奇声を発したことがあったような(笑)。それからしばらくは筒井康隆をいろいろ読んでいたような気がします(苦笑)。

「時をかける少女」の小説が出た頃は、ツムラのバスクリンも「ジャスミン」が主流で「レモン」や「ゆず」あたりが出ていた頃ではないでしょうか?今みたいに入浴剤の主流に「ラベンダー」の香りがあると危ないですもんね。風呂に入ろうとした途端、タイム・リープするなんて(笑)。「キンモクセイ」の香りとかでタイム・リープするなんて設定でなくて、よかったとも思います(笑)。


【時をかける少女 1983年 日本】
[PR]
by santapapa | 2005-12-01 01:13 | 邦画
<< 皇家戦士 變臉/この櫂に手をそえて >>