變臉/この櫂に手をそえて

變臉/この櫂に手をそえて

タイトルの「變臉(ビェンリェン/へんめん)」の「變」は「変」の旧字体、「臉」は「瞼(まぶた)」の俗字で、川劇(四川の伝統劇)に伝わる吹灯、転灯、噴火、変面という四つの絶技のひとつ。一瞬のうちに顔につけたお面が次々に入れ替わるという芸です。

後継者のいない變臉王と呼ばれる老芸人と、人買いから買った子供との愛憎劇に心打たれ、思わず涙しました。未だにDVDになっていないのが残念な映画で、ぜひとも配給した東映かビデオ発売元のアミューズソフトエンタテインメントには出していただいて、より多くの人に見てもらいたい映画です。



1930年頃の混乱期の中華民国の四川では、變臉王(朱旭/チュウ・シュイ)と呼ばれる老人の大道芸が人気を博していました。その芸のあまりの見事さに、川劇の女形のトップ・スターで人観音と呼ばれるリャン(趙志剛/ジャオ・ジーカン)に一座に誘われますが、變臉王は固辞します。妻に去られ残された息子を10歳で亡くした變臉王は、それでも一子相伝のその芸を自分の息子のみに伝えることを使命と感じていました。變臉王はある日、怪しい人買いの窟に跡継ぎの男の子を買いに行きます。8歳の男の子を5塊で買った變臉王は上機嫌でその子に狗娃(クーワー)(周任瑩/チョウ・レンイン)と名をつけて、自分の住む舟で猿の「将軍」と共に一緒に生活を始めます。クーワーの腕の傷を見て不憫に思った變臉王は孫として優しく接して、クーワーが風邪をひけば家宝の剣を質に入れて薬を買って看護をします。ところがあるきっかけで実はクーワーが女の子であることが判って、大きく失望落胆する變臉王。騙されたと思った變臉王はクーワーを追い払おうとしますが、彼女の必死の懇願に「ご主人さま」と呼んで一所懸命働くことを条件に手元に置くことにします。變臉王はクーワーに雑技を仕込み、猿の「将軍」と2人と1匹で大道芸で食い歩くことに。クーワーは一所懸命に變臉王の元で働きますが、その行動が次々に裏目に出て・・・・・・。

クーワーを演じたチョウ・レンインのけなげさに大きく心打たれます。演技の中でも目の力がすごいですね。變臉王と初めて男の子として会う場面、女の子と判って捨てられそうになる時、大道芸の最中に警官に立ち向かう時の表情、空腹でイモを見たりごはんを手でかきこんだりカブにかじりつく表情等々、真に迫って息が詰まりそうになるぐらいでした。あの表情で「おじいちゃん、大好き」とか言われるともう、だめですね。恥ずかしいけど涙腺ゆるいもんで、ボロボロ泣いてしまいました。

一方、變臉王を演じるチュウ・シュイも円熟したすばらしい演技を見せてくれました。芸人としての自律的な厳しさの中にも、人情味溢れる部分を垣間見せて人間・變臉王を魅力的に見せていましたね。また主役2人の名演の影に隠れていますが、芸人としての誇りを体現させる人観音のジャオ・ジーカンの存在も光っていました。そして猿の「将軍」、これがまたいい演技をするのです。

『龍城恋歌』、『始皇帝暗殺』の趙季平(チャオ・チーピン)が音楽を担当していて、オーケストラによる美しい画面にぴったりの繊細な音楽をつけています。詩情のある美しい音楽もいいですし、いかにも中国中国した曲もマッチしています。

人と人の温かい絆と芸人としての誇り、それを感じさせてくれる名作映画だと思います。


【變臉/この櫂に手をそえて(變臉/THE KING OF MASKS) 1996年 中国=香港】
[PR]
by santapapa | 2005-11-30 01:32 | 香港(中国・台湾)映画
<< 時をかける少女 (1983) ロッキー >>