大英雄

大英雄

すみません。またトホホ系にしてしまいましたが、好きなんです。どうしようもなく大好きなんです、この映画。香港映画万歳!

ストーリーは、金輪国の王位を狙う王妃と従兄弟が国王を追い詰めて王位の証である鼎を手に入れようとします。第三王女は武術の師弟を味方につけてそれを阻止しようと敢然と立ち向かいます。・・・・・・とか書いても実はあまり意味がありません。要は新春スターかくし芸大会的なハチャメチャ・アクション・コメディー作品です。



事の次第は、ウォン・カーウァイ監督が『『楽園の瑕』を製作中に行き詰まり、公開日に間に合わないという緊急事態が発端(このおっさん、今年も『2046』のカンヌ出品でも似たようなことやろうとしてなかったっけか?)。急遽プロデューサーのジェフ・ラウがメガホンをとって、『楽園の瑕』のスタッフとキャストとセットを流用してわずか一週間ぐらいで撮り上げたというからたまりませんな。他の国ではまずできない(てか最初からやらない)芸当です。

なんと言っても豪華香港スターの出演者が、のびのびと明るくオバカな演技しているのが最高です。本当に好きなんでしょうな。しかも真面目な『楽園の瑕』を見てから再度見るとまた最高です(笑)。中でも芸幅の広いトニー・レオンのトホホぶりと、レオン・カーファイの女装はどうにもたまらないものがありました。「殺してくれ」と頼むジャッキ-・チュンに襲いかかる度に失敗するトニー・レオンがもう、かわいそうでかわいそうで(爆笑)。レオン・カーファイの頭でサッカーをされてしまうのも涙が出てしまいました(笑いで)。

しかし心配なのはDVDのカバーです。

「「ブエノスアイレス」、「花様年華」ウォン・カーワァイ製作総指揮」
「香港映画史上最高のキャスト&スタッフで放つハイパーワイヤーアクション超大作!」
「香港映画史上最高の豪華キャスト競演!」
「世界が注目する一流スタッフ集結!」


しかもあらすじも、しごく普通に単なるあらすじだけを書いています。ジャケット写真を含めてどこを見てもコメディの「コ」の字もありません。これって『英雄 HERO』と間違えて買ってしまいがっかりした人が、全国で5人ぐらいはいたような気がします。トニー・レオンもマギー・チャンも出てるし(笑)。もっとも間違えて買って、香港映画のダークサイドに引き込まれた人も2人ぐらいはいそうな気もします(笑)。

とにかく超バカバカしい映画ですので好ききらいはあると思いますが、ハマる人はとことんハマることうけあい。さあ、あなたもダークサイドへいらっしゃい(笑)。

【大英雄 射[周易]英雄傳之東成西就(大英雄)(THE EAGLE SHOOTING HEROES) 1993年 香港】
[PR]
by santapapa | 2004-09-26 21:51 | 香港(中国・台湾)映画
<< ゆきゆきて神軍 チャイナタウン >>