北京原人 Who are you?

ぺきんげんじん

人間、いきなりとても信じられないものに遭遇すると、思考能力が止まってどう対処してどう行動すればいいのか判らなくなる時があります。北京原人に会った時の話ではありません。例えば『北京原人 Who are you?』という映画を見た時などの話です。

んぱっ!



第二次大戦中の混乱期に失われたはずの北京原人の頭蓋骨を手に入れた日本政府は、その化石骨からDNAを採取するとそれを増殖させて、宇宙空間の有人スペースシャトル内で秘密裡の実験としてDNA操作をおこないます。ところがその時、隕石がスペースシャトルに追突。北京原人のDNAを積んだポットが地球に落下してしまいます。それを回収しに行ったところ、なんと墜落したポットの近くには夫妻と子供と思しき3匹の北京原人が。んでもって、北京原人に近づくために人間側の佐倉竜彦(緒形直人)と竹井桃子(片岡礼子)もすっ裸になって警戒心をとこうとします。んでもって、日本の生命科学研究所に回収された3匹の北京原人はなんでかタカシ(本田博太郎)、ハナコ(小松みゆき)、ケンジ(小野賢章)という名前がつけられます。んでもって、3匹はなんでか「関東実業団陸上大会」に出て記録を打ち立てます。んでもってその後、プリンセス・テンコーこと二代目引田天功が出てきたり、CGマンモスが出てきたりします。もう、たいへんです・・・・・・。

なんだかよくわからないあらすじですが、よくわからない映画です(苦笑)。最初から最後まで突っ込みどころ、脱力どころもりだくさんの20世紀ベスト10に確実に入る最強トホホ映画ですね。見ていて唖然の連続でした。この映画、全国で劇場公開されたんですね。すごすぎます・・・・・・。

映画を見終わった後にビデオ・パッケージに記されている、

 「日本中にやさしい感動」
 「50万年の時を超え、北京原人が愛を贈る」
 「日本映画界の最高スタッフが贈る、フューチャー・ファンタジー超大作」

という文字を読むと荒涼とした心の中にヒューヒューと風が吹く音が聴こえてきます(苦笑)。

一応、佐藤純彌監督は『敦煌』、『新幹線大爆破』、『野性の証明』など、それなりの娯楽映画を作れる人(テレビでは『キイハンター』の監督)で、どうしてこうなったのやら(苦笑)。ちなみにプロデューサーの冨永理生子、編集の只野信也等、後の東映のマンガ原作の実写版悪魔人間映画に参加したスタッフの名前も。北京原人を捕獲して、「原人はチンパンジー以上の学習能力があるようだ」というセリフがありますが、もしかしたら世の中にはチンパンジー以下の学習能力しかない映画会社もあるのかもしれません。

ちなみに、なぜか王祖賢(ジョイ・ウォン)も出ています(トホホ)。素晴らしいのは、どの映画でも丹波哲郎大先生の存在感は異色を放ってそこだけ別世界になることですね(トホホ)。

この映画、12月にはDVDで出るそうです(苦笑)。以前に、今年は『死霊の盆踊り』や『だいじょうぶマイフレンド』、『ウォータームーン』、『デビルマン』、『シベリア超特急 コンプリート DVD-BOX』などがDVD化されるという、恐ろしい年として記憶されてしまいそうです(苦笑)と書きましたが、トドメはこれだったんですね(苦笑)。

んぱっ!


【北京原人 Who are you? 1997年 日本】
[PR]
by santapapa | 2005-09-27 23:50 | 邦画
<< キング・コング (1933) 北京原人の逆襲 >>