X-MEN2

X-MEN 2

続編映画は1作目に比べると落ちるという傾向があるみたいですが、1作目にあった説明が省けたとはいえ、続編が1作目を超えたのではないかと思われる例のひとつがこの映画ではないでしょうか。



人類のミュータントに対する偏見が強まる中、謎のミュータントによる大統領暗殺未遂事件が発生します。ミュータント登録法案を押し進める中心人物の元陸軍司令官の大富豪ストライカー(ブライアン・コックス)は特殊部隊によるミュータント狩りをはじめます。プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)を中心とするX-MENのいるエグゼビア・スクールも襲われて、メンバーたちは命からがら逃げ出します。プロフェッサーXはストライカーの罠に落ち監禁され、またX-MENの敵であるマグニートー(イアン・マッケラン)はミスティーク(レベッカ・ローミン=ステイモス)の手助けで監獄から脱出します・・・・・・。

前作から続いたストーリーですが、X-MENの世界における細かい説明を除けば独立したストーリーとしても見ることは出来ます。がやはり、1作目を見てから見た方がいいですね(笑)。今回は前回以上にミュータントを忌み嫌う人類という対立構造を浮き彫りにして、それを利用する悪人の存在を描いています。若いショーン・アシュモア扮するアイスマンと家族との位置づけなど、描き方がうまいですね。全般のアクション・シーンは地味ながら(笑)、前回以上に健闘しています。お話は2作ともちょっと惚れた腫れたに偏ってる傾向があるような気もしますが。

なぜか2作とも主役級のはずなのにジェームズ・マースデン扮するサイクロプスの扱いがかわいそうすぎますが、きれいどころのストーム役のハル・ベリーとジーン・グレイ役のファムケ・ヤンセンは今回も活躍。それに加えてミスティークにもスポットを当てていました。ラストはあのような結末を迎えただけに続編ではどうなるんでしょうか(あれはなー、アイスマンが出るべきでしょう(泣))。

ということでぜひとも3作目を期待したいところです。


【X-MEN2(X2) 2003年 USA】
[PR]
by santapapa | 2005-08-27 13:55 | 洋画一般
<< 【A.R.ラフマーン】 X-メン >>