ウーマン・オン・トップ

ウーマン・オン・トップ

ブラジルのノルデスチとUSAのサン・フランシスコを舞台にしたペネロペ・クルス主演のラブ・コメディ。ある意味、全編ペネロペ・クルスのための映画と言っていいかもしれません。



歌手の夫トニーニョ(ムリロ・ベニチオ)と妻のイザベラ(ペネロペ・クルス)はブラジルでレストランを経営していて、とても繁盛していました。ところが夫のトニーニョの浮気が発覚。イザベラはブラジルを離れてサン・フランシスコに渡ります。持ち前の料理の腕前を生かして料理教室の講師を始めたところ、それを見たTVプロデューサーのクリフ(マーク・フォイアスタイン)が料理番組をやらないかと持ちかけます。その料理番組が評判でイザベラはみるみる人気者に。クリフとも親密になります。そこへイザベラを追ってトニーニョがやってきて・・・・・・。

ストーリーとしては特に見るべきもののない(笑)平凡なラブ・コメディですが、ペネロペ・クルスのファン(含む自分)にとっては、彼女の魅力溢れるお姿がふんだんに拝める映画です。プロモーション・ビデオ的な魅力でいえば一番の映画ではないでしょうか。心ときめく映画でした(笑)。映像も色彩が非常にきれいでおしゃれな感じ。全体にトロピカルな色の強さを感じます。また、ペネロペ・クルスの親友役モニカとして出てくるハロルド・ペリノー・Jrが、オカマ役なのですが実にいいキャラクターをしていました。

それと特筆すべきはサウンド・トラックがとっても好きな映画だということです。ボサ・ノバの佳曲が全編に渡って流れて非常にいい雰囲気を作ってます。特にラスト・シーンに流れるシル・ファルネイとノルマ・ベンゲルの「ヴォセ」は、昔からとても好きな曲だったので、見た時に不意打ちをくらってしまって、曲と映像だけでじーんときてしまいました。

これで息をもつかせぬ魅力的なストーリーだったら、本当に申し分ないんですけど(笑)。


【ウーマン・オン・トップ (WOMAN ON TOP) 2000年 USA】
[PR]
by santapapa | 2005-08-04 23:54 | 洋画一般
<< ブラック・マスク ラガーン >>