ラヴソング

ラブ・ソング

1人の男と1人の女の恋の物語を、1986年から1996年までの10年間、香港とニュ-ヨークを舞台に、淡々と綴ったしっとりと切なく、そして柔らかくてほんのりと暖かいラブ・ストーリーです。



ひとり天津から香港に電車でやってきたシウクワン(黎明/レオン・ライ)は、叔母の家に身を寄せます。シウクワンは香港で一旗挙げて、田舎に残してきた恋人のシャオティン(揚恭如/クリスティ・ヤン)と結婚することを夢見て働きはじめました。香港で生まれて初めてマクドナルドに行ったシウクワンは、そこでアルバイトのレイキウ(張曼玉/マギー・チャン)と出会います。シウクワンはレイキウから必ず仕事のプラスになるということで、英会話学校を紹介され、ふたりは次第に一緒に行動をするようになります。年末になり、一山当てようとレイキウは苦労して貯めたお金で、シウクワンと共にテレサ・テンのカセットを売る出店を出しますが、はたせるかなその目論見は失敗に終わります。香港出身だとばかり思っていたレイキウが実は同じ大陸の広州出身だと知るシウクワン。ふたりは急速に惹かれ合います・・・・・。

これまでに何度かラブ・ストーリーの映画は苦手であまり見ないと書いていますが、この映画もラブ・ストーリーでありながら何度もみたくなって見た映画のひとつです。『月夜の願い』『君さえいれば 金枝玉葉』の陳可辛(ピーター・チャン)監督らしく、派手な場面はないもののだんだんと心に染みてくる作品になっています。

主役のレオン・ライとマギー・チャンの2人の心の動きに感情移入してしまい、思わず心がしめつけられるような映画です。レオン・ライが結婚した理由だけは「おい!」と突っ込んでしまいましたけど(苦笑)。ラストがまた、非常にいい映画でした。

劇中でのテレサ・テンの音楽が非常に効果的に使われていました。テレサ・テンはベスト盤しか持っていないのですが、聴く度に心がなごみますね。ちなみに内山田洋とクール・ファイブで有名な「長崎は今日も雨だった」は私の愛唱歌でもあります(笑)。

また脇でヤクザの親分として出ていた曾志偉(エリック・ツァン)が、また非常にいい役をやっていました。ミッキー・マウスの刺青を入れたエピソード(あれってその辺にうるさいディズニーあたりは、いちゃもんつけそうなんですが(苦笑))、そして最後にミッキー・マウスの刺青を確認した時のマギー・チャンの何とも言えない表情は忘れられないです。

クリストファー・ドイルが酔っ払いの英会話教室の講師として脇役で出演していて、結構存在感があります。『アンドロメディア』なんかに出なければよかったのに(苦笑)。ちなみにこの映画の撮影監督は3年後に『星願~あなたにもう一度』で監督デビューする馬楚成(ジングル・マ)です。しかもクリストファー・ドイルが出演しているこの『ラヴソング』で、見事金像奨撮影賞を受賞しています。それも充分納得できる映像ですね。


【ラヴソング(甜蜜蜜/Comrades Almost a Love Story) 1996年 香港】
[PR]
by santapapa | 2005-07-22 23:24 | 香港(中国・台湾)映画
<< パダヤッパ いつでも俺はマジだぜ! 【エンニオ・モリコーネ】 >>