天使にラブ・ソングを・・・

天使にラブ・ソングを・・・

修道院を舞台にして繰りひろげられる、思いっきり楽しい音楽が溢れる映画です。ゴスペルを一般的に広めたのもこの映画なのではないでしょうか。



ネヴァダ州リノのカジノで歌っているデロリス=ヴァン・カルティエ(ウーピー・ゴールドバーグ)は、一帯の顔役をやっている愛人のヴィンス(ハーヴェイ・カイテル)が組織の裏切り者を殺す現場を偶然目撃してしまいます。慌てたデロリスは警察に駆け込み、サザー警部(ビル・ナン)の薦めでサン・フランシスコの修道院に身を隠すことにします。元々修道院なんて場所は柄に合う性質ではないデロリスですが、修道院に迎えられた彼女はシスター・クラレンスという名を与えられて、厳格な修道院長(マギー・スミス)の元で神に仕える生活を始めます。とはいえ地を隠せないデロリスはいろいろと騒動を起こしながら、シスター・パトリック(キャシー・ナジミー)、シスター・ロバーツ(ウェンディ・マッケナ)等、若いシスターたちと親しくなります。そのうちにメアリー・ラザラス(メアリー・ウィックス)から聖歌隊のリーダーを引き継ぐことになって、元々歌手であるデロリスはレパートリーにソウル調の曲を加えていったところ、それが評判を生んで有名になり、遂にはローマ法王が修道院を訪ねて聴くことになるといった事態にまで発展します。しかしその頃、デロリスを付け狙うヴィンスの放った殺し屋がそこまで迫ってきていました・・・・・・。

私が見た映画の中では『ブルース・ブラザース』と共に、愛すべき音楽満載映画になっています。コメディが基調で気軽に見ることができて、曲も演奏も冒頭のスリー・ディグリーズを思わせるようなカジノでの曲に始まって、敬虔な聖歌からラストの大団円までどれもがとても気持ちいいです。

また、聖歌隊の成長を通して音楽ができあがっていく経緯を知らず知らずのうちに見ていくことができるのも面白くあり、また最後に向かっての感動を呼びます。こういう映画を見ていると本当に音楽って本当にいいものだなあとつくづく感じ入ってしまいます。

また主役のデロリスのみならず、それぞれの登場人物の個性がちょっとしたことに描かれていて愛着がもてますね。そういう部分もこの映画の魅力だと思います。何度見ても楽しめる、そういう映画でした。


【天使にラブ・ソングを・・・(Sister Act) 1992年 USA】
[PR]
by santapapa | 2005-06-28 21:23 | 洋画一般
<< 天使にラブソングを2 喜劇王 >>