チアーズ!

Bring It On

ハリウッド版『花の応援団』・・・・・・??チョンワチョンワ。(多分、違う)



カリフォルニアのランチョ・カルネ・ハイスクールに属するチアリーディング・チーム「トロス」は全米大会で連続優勝している名門チームです。今年はトーランス(キルスティン・ダンスト)が新キャプテンになった早々、けが人が出てしまいます。代役として転校生のミッシー(エリザ・ダシュク)が加入。ところがトーランスはミッシーから、トロスが先輩から引き継いだ振り付けがよそのチームの盗作ではないかと聞かされます。はたしてその後、ロス・アンジェルスにある資金不足で選手権に出場できない黒人のチアリーディング・チーム「クローバーズ」の振り付けとまったくそっくりだったことが判ります・・・・・・。

『クライム・チアーズ』や『チアリーダー忍者』などチアリーダーの映画はいろいろありますが(笑)、この『チアーズ!』はさわやかな正統派青春スポーツ映画です。青春!青春!!青春!!!元気よく明るくのびのびと行動する姿を見ていると、日頃都会の絵の具に染まって汚れた大人の世界に佇んでいる自分としては、その眩いばかりの輝きに身体を融かされそうでした(笑)。ああああああ、邪念がぁっ、邪念がぁっ(苦笑)。

関東在住の私が普段チアリーディングを見る機会があるのは、横浜スタジアムでの阪神戦で3塁側から向かいのボンボンを持った踊るチアガール(&ホッシー君)程度だったのでそのぐらいの認識でしたが、やはり本場は違います。音楽にシンクロした振り付けで、集団で飛ぶ跳ねると言った華麗なチーム・プレイは、今までに本格的なチアリーディングを見たことがない私のような人間にとって、ただひたすら「すごい!」の一言です。

『君さえいれば 金枝玉葉』や、『スワロウテイル』などでも、映画のストーリー中でオーディション・シーンがありましたが、この手のシ-ンはあの誰かしらボケをかますのが楽しみです(笑)。

ちなみにDVDには未公開スペシャル・クリップと銘打たれている、映画のストーリーの中ではアルバイトでする水着洗車シーンがついていました(笑)。

私にとっては、見ると元気溌剌になる映画です。


【チアーズ! (Bring It On) 2000年 USA】
[PR]
by santapapa | 2005-05-20 22:58 | 洋画一般
<< マギー・チョンのドッカン爆弾娘 禁断の惑星 >>