わすれな草

わすれな草

人にとって想い出とは、はかなく、またかけがえがないものであったりしますね。時の流れの中で美しくもなり、また時には消えてしまう想い出もあります。



ブラジルに移住していたヒョウ(曾志偉/エリック・ツァン)は、30年前に吸いかけの煙草をくれた謎の女(舒淇/スー・チー)が忘れられずに香港に戻ってきます。変わり果てて昔の面影がなくなった香港で、ヒョウは偶然チンピラのスモーキー(謝霆鋒/ニコラス・ツェー)のピンチを救ったことがきっかけで、金は出すからと言ってスモーキーに手助けを頼みます。ヒョウの話によれば、昔、暗黒街でライバルであった九龍が、ヒョウを裏切ってブラジル行きの船に放り込んで女と組織の金を奪ったので、復讐したいとのこと。スモーキーは渋々引き受けますが、ヒョウと行動をしていく中で過去の女やライバルなどの話を聞いて、次第に親近感を持ってくると同時にヒョウに対しての疑問も沸いています・・・・・・。

元暗黒街のリーダーであったと自称する謎めいた男・ヒョウにエリック・ツァンが扮して、コミカルにシリアスに実に味のある演技をしています。とても昔はそうは見えないところがミソなのでしょうか。本人が語るところの若い頃の再現フィルムなんか、若きヒョウが馮徳倫(スティーブン・フォン)(で、ライバル役が李聖傑(サム・リー))というギャップの大きさです(笑)。とはいえエリック・ツァンって昔はプロのサッカー選手だったと聞いてますし(この映画の冒頭で子供にサッカー・ボールを蹴り返すシーンがあって、ユン・ピョウチャウ・シンチーよりも上手いです(笑))、人は年月よって変わるものですからありえなくはないのでしょう(笑)。

一方ニコラス・ツェーも、いきがっているんだけど根が純なチンピラ役をやっていて、エリック・ツァンに振り回されるパートナーを務めています。街中で絡まれたチンピラから逃げ回る途中で、2人が行きがかり上グランドピアノを運び出し、その下で雨宿りする前後の一連のシーンがきれいでした。そして謎の女に扮するスー・チーはミステリアスな雰囲気が非常にハマってます。少しだけ陳慧琳(ケリー・チャン)が婦人警官役で出ていますが、おすましさんな感じがぴったりでした。

映画の中で何度か出てくる、レコードによる鄧麗君(テレサ・テン)の「時の流れに身をまかせ」の北京語版「我只在乎[イ尓]」が、ノスタルジックな雰囲気をを盛り立てます。20年ほど前に三木たかしが作ってヒットした曲ですが、「つぐない」や「愛人」など郷愁を感じさせるメロディを作るのがうまい人だと思います。

全体に派手さが無く、特にラスト近くを別にすれば非常に淡々と話が進んで、言葉を変えれば退屈な部分を感じる人もいるであろうと思うのですが、ちょっぴり切なくて、そしてちょっぴりほっとする映画です。


【わすれな草(半支煙/DOWN IN SMOKE) 2000年 香港】


[トラックバック先]Movies!!
[PR]
by santapapa | 2005-04-23 00:14 | 香港(中国・台湾)映画
<< お色気SL大暴走!アメリカ横断... 戦場のメリークリスマス >>