オースティン・パワーズ

オースティン・パワーズ<USA VERSION/DTS EDITION>

マイク・マイヤーズが脚本・主役・準主役を担当したおちゃらけスパイ・シリーズの第一作目です。



時は1967年、イギリスの秘密諜報部員=オースティン・パワーズ(マイク・マイヤーズ)は、地下の秘密基地で世界征服を企む悪の帝王=ドクター・イーブル(マイク・マイヤーズ)を追い詰めますが、ドクター・イーブルはロケットで脱出して冷凍睡眠に入ります。それを追うためにオースティン・パワーズも冷凍睡眠に入ります。30年の時が過ぎた1997年。冷凍睡眠から蘇生したドクター・イーブルは、片腕のナンバー・ツー(ロバート・ワグナー)を初めとした手下を使って、世界征服の計画を進めます。時を同じくして蘇生されたオースティン・パワーズは、かつての相棒ミセス・ケンジントン(ミミ・ロジャース)の娘ヴァネッサ(エリザベス・ハーレイ)をパートナーにして、ドクター・イーブルの野望を打ち砕くために専用機でラスベガスに渡ります。ところが30年間の時代のギャップにオースティン・パワーズは行くとこ行くとこで珍騒動をおこすことに・・・・・・。

かつては隆盛を誇ったスパイ映画ですが、90年代にはあまり撮られることがありませんでした。そんな中、うまくスパイ映画のテイストを盛り込んだコメディです。007で言えばシリーズの中で異色と言われる(笑)『007/カジノ・ロワイヤル』に近い作品と言えるでしょう。

この作品は私にはなんと言っても、後に『悪いことしましョ! 』にも出たエリザベス・ハーレイですね。彼女が好きで見に行きました(笑)。他にもロバート・ワグナーが出ていたり、キャリー・フィッシャーがカメオ出演していたり、音楽でも使われているバート・バカラック本人が出演してたりします。音楽ではクインシー・ジョーンズやセルジオ・メンデス&ブラジル66などの、60年代のおしゃれティスト溢れる音楽が使われていました。

印象的なシーンがいくつかあって、1つはone of themである悪の手下の家庭の描写があってこれが泣けます(笑)。また、オースティン・パワーズが1人寂しく、30年間のギャップを月着陸のビデオやCDにレコード針を落とすところのペーソスを感じる場面が、またきゅんと来ますね。そして、「Secret Agentman」が流れるラストの大活劇の部分は久々にこういうシーンが見れてわくわくしたものです。

この後、『オースティン・パワーズ』はシリーズとして2本製作されますが、全3作の中ではこの作品が1番好きですね。


【オースティン・パワーズ(Austin Powers:International Man of Mystery) 1997年 USA】 
[PR]
by santapapa | 2005-04-04 23:09 | 洋画一般
<< 黒部の太陽 コブラ (1982) >>