眼下の敵

眼下の敵

潜水艦は隠密行動をしながら水中を自由に動き回れて、また日頃目にする機会があまりないのもあって、憧れる人も多いようです。



第二次大戦中の南大西洋を警戒していたUSAの駆逐艦ヘインズ号は、暗号書を持ち帰るためにドイツ本国へ向かっていた潜水艦Uボートを発見します。ヘインズ号のマレル艦長(ロバート・ミッチャム)は元は貨物船の航海士で、妻の本国のイギリスへの船旅の途中にUボートの魚雷にやられて彼女を亡くしてしまったという経験の持ち主で、戦闘の少ない海域の艦長として参戦、艦長室に閉じこもっていました。一方でUボートの艦長フォン・ストルバーグ(クルト・ユールゲンス)は二人のこの戦争で失っています。両艦は丁々発止に駆け引きでお互いの相手を隙を狙って撃沈する隙を狙います・・・・・・。

実は戦争映画と恋愛映画はあまり数を見ていないのですが、戦争映画の中では『空軍大戦略』と並んで名作だと思っている作品です。『空軍大戦略』が第二次大戦 のひとつの事象を中心に国と国とのマスで捉えた作品であれば、こちらは敵同士お互いの登場人物を掘り下げて戦いの中での心理描写で盛り上げています。

海面を挟んだ海上と海中での丁々発止の駆け引きが実にスリリングで、見せてくれます。大昔に9×9のプラスチックのマス目が相手に見えないようにして、座標を言い当てるタカラの「レーダー作戦ゲーム」をやった時に似たような興奮も、ひとつにはあるのでしょうか(余談ながらパチンコ玉を射出して敵艦を沈没させる(コカせる)「魚雷戦ゲーム」というのもあってこれにもハマったりしました)。洋上の船、海中の潜水艦、魚雷や爆雷など視覚的にも見所がたくさんです。地味ですが、ソナーの効果音の入れ方が非常に効果的に使われている気がします。

戦いのやり取りが手に汗握り、どちらにもだんだん深く感情移入できるだけに、ラストのシ-ンは大変印象に残っています。映画の名場面のひとつでしょう。約50年前の映画ということを忘れさせてくれます。


【眼下の敵(The Enemy Below) 1957年 USA】
[PR]
by santapapa | 2005-03-28 22:10 | 洋画一般
<< ロボフォース 鉄甲無敵マリア 超高層のあけぼの >>