ターンレフト ターンライト

ターンレフト・ターンライト

人と人との出会いは偶然の重なりで、それだけに「運命の糸」というものを感じたりするものなのでしょう。後になって、お互いあの頃どこで何をしていたのかを語り合うと思わぬ発見があったりするものです。



無名のバイオリニスト(金城武)とは売れない翻訳家(梁詠[王其]/ジジ・リョン)のふたりは、同じアパートの壁一枚挟んだ隣同士に住んでいます。しかしアパートの玄関を出るといつも右に曲がるジョンと反対の左に曲がるイブは、一度も顔を合わせたことがありませんでした。2人はある日、風で飛んでしまった紙がきっかけで公園の池で知り合います。しかもお互い子供の頃に出会っていて気になっていた相手だとわかって奇跡の再会を喜びます。突然の夕立にふたりは電話番号を交換して別れますが、翌朝、電話番号を書いたメモを見ると雨でにじんで読めなくなっていました。ふたりとも相手のことが忘れられず、必死でお互いを捜さがします・・・・・・。

台湾の絵本作家ジミー・リャオの大人のための絵本を原作としたファンタスティクなラブ・コメディです。映画の中では金城武とジジ・リョンが、『君の名は』も真っ青というぐらいすれ違いの連続。しかもふたりともほぼ同じ行動で同じようなセリフをしゃべっていますから念が入ってます。またそれぞれに横恋慕する食堂の娘と医者がいるのですが、このふたりのキャラクターもかなり強烈(笑)。なんだかんだ言って、主役のふたりのじれったさにほっとけないところがまたいい感じです。動く絵本といった感じの心がちょっとほくっとするラブ・コメディでした。

公園や街中での映像がきれいな映画です。雨の横断歩道でまわりの黒いカサの中、主人公ふたりだけが色付のカサをさしてすれ違う冒頭の場面が鮮やかで印象的です。

映画の中では最初の方でジジ・リョンのドジっぷりを描いていますが、あの調子では鶴瓶に似た出版社の社長が一番かわいそうだと思ったのは私だけでしょうか?泣きが入った時には心底同情しました(笑)。

ところで金城武は最初の方で、テレビで『さくや 妖怪伝』見ててませんでした?(笑) 医者はテレビで『パワーパフガールズ』、見てましたね(笑)。


【ターンレフト ターンライト(向左走、向右走/TURN LEFT, TURN RIGHT) 2002年 香港】
[PR]
by santapapa | 2005-03-17 07:24 | 香港(中国・台湾)映画
<< メテオ あずみ >>