ワンダーガールズ 東方三侠

東方三侠 ワンダー・ガールズ

『中国超人インフラマン』以前に作られた香港映画らしいヒロイン映画第一弾です。



荒廃した近未来の香港での出来事で、わずか3カ月の間に18人もの赤ん坊が次々にさらわれるという事件が発生します。犯人は地下深くの魔宮に潜んで清朝復活を企む魔王(任世官/ヤン・サイクーン)で、。皇帝の素質を持つ子どもを手下のサン(楊紫瓊/ミシェール・ヨー)に透明になる服を使って誘拐させていたのです。事件の担当となった刑事のロー(劉松仁/ダミアン・ラウ)は奮闘しますが、遂に警察部長(秦沛/チョン・プイ)の息子も誘拐されてしまい、部長は賞金稼ぎのチャット(張曼玉/マギー・チャン)にさらわれた息子を探しだすように依頼します。そしてローの妻トントン(梅艶芳/アニタ・ムイ)こそは、銀のマスクに紫のマントでどこからともなく現れて悪を退治するワンダー・ウーマンでした。はたして魔王の野望は阻止できるのか?また、トントン、チャット、サンの3人の因縁とは・・・・・・。

アニタ・ムイ、ミシェール・ヨー、マギー・チャンという三大女優の共演です。監督は杜[王其]峯(ジョニー・トゥ)、アクション監督を程小東(チン・シウトン)が担当しています。ということで、想像通りアクションはなかなか見せてくれます。いつもより多く爆発していますって感じもありますし(笑)。チン・シウトンらしいありえないシチュエーション(笑)の数々に、3人の身体を張ったアクションがからむところは香港映画ならでは醍醐味ですね。

また、敵の手下で出てくる黄秋生(アンソニー・ウォン)はちょうど『八仙飯店之人肉饅頭』の頃で、怪しさ大爆発の演技でスクリーンの向こうから妖気を漂わせていました(笑)。こういうのが似合ってしまうから、なんかこういう役ばかり回ってきた時期があるんでしょうね。この映画でもちぎれた自分の指食っってます(苦笑)。おまけに空飛ぶギロチン使ってます(笑)。

ストーリーのツッコミどころは香港映画につきものですので気になりませんが、せっかく豪華女優陣が揃っているのに、いかんせん衣装デザインのセンスがいまいちなのが残念です(苦笑)。赤いレオタードに赤いロングコートのミシェール・ヨー、ホットパンツに黒のストッキングのマギー・チャン、そして銀のマスクに紫のマントのアニタ・ムイ。もうちょっとなんとかならなかったんでしょうかねえ?(苦笑) アニタ・ムイの場合は、あの銀の仮面舞踏会風マスクをしていても口元で判るやんと、ツッコミを入れたくなった人は多いと思います(笑)。

ラストの颯爽とした(あんな衣装でも)かっこいい3人の姿を見て、続編があったら見るぞと心に誓うのでした(笑)。


【ワンダーガールズ 東方三侠(東方三侠/THE HEROIC TRIO) 1993年 香港】
[PR]
by santapapa | 2005-03-09 22:27 | 香港(中国・台湾)映画
<< ワンダーガールズ 東方三侠2 深海征服 >>