月夜の願い

月夜の願い

起承転結を表すのによく使われる歌がありますね。

  京の三条のいとやの娘
  妹十六 姉二十
  諸国大名は弓矢でころす
  いとやの娘は目でころす

で、目でころす俳優の一人に梁朝偉(トニー・レオン)がいますが、この映画に至っては実際に目から光線を出しています(笑)。



現実主義者のユン(トニー・レオン)は人情派の父ファン(梁家輝/レオン・カーフェイ)とそりが合わず、いつもケンカばかりしていて、母ローラ(劉嘉玲/カリーナ・ラウ)を嘆き悲しませています。ある秋祭りの夜にファンは強盗に襲われて重傷を負い、入院してしまいます。ユンが昔の父親のことが知りたくなって家で大事に隠してあった箱を開けたところ、両親の若い頃の写真が入ったペンダントを見つけました。“何十年かに一度、木星か月にキスした時に願い事が叶う"という言い伝えのある中秋節の夜、ユンが願い事の穴に飛び込むと大昔に瞬間移動してしまいます。そこでは若くて貧乏なファンを中心にした活気のある町で、ユンはボルネオから来たファンの遠い親戚として向かい入れられました。そこでユンは、ファンの恋人であるというお金持ちのお嬢様=若き母ローラと体面します・・・・・・。

UFO製作のタイム・スリップを絡めたコメディ+人情味あふれるファンタジー映画です。プロットから『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思い出す人も多いかもしれませんが、コメディと人情がたっぷりつまったこの映画のテイストはまさに香港映画です。

トニー・レオンが過去の親と接しながら、気持ちがだんだん変わっていく姿を好演しています。なにがいいって男同士、本当は親子で似たものがある同士が一緒につるんで楽しんでる姿ですね。これを見ると、ふと親父と酒を酌み交わしたくなります。

レオン・カーフェイも、前半での現代の老け役とその後の過去の若者の役のギャップのすごさはさすが。若い役どころの頃のはっちゃけぶりがまた楽しいです。歌はご愛嬌ですけど(笑)、ダンスがまたすごいし、むちゃな変装も見せてくれます(笑)。


【月夜の願い(新難兄難弟/He Ain't Heavy He’s My Father) 1993年 香港】
[PR]
by santapapa | 2005-03-02 23:00 | 香港(中国・台湾)映画
<< チャイナ・シンドローム ミクロの決死圏 >>