老鼠愛上猫 (邦題:剣客之恋)

剣客之恋

劉徳華(アンディ・ラウ)と張柏芝(セシリア・チャン)というと近年では『マッスルモンク』だったりしますが、こちらは2003年の正月映画。



天下泰平の北宋の時代。公明正大である宰相である包拯(黄秋生/アンソニー・ウォン)の部下として使える剣豪・展昭(劉徳華/アンディ・ラウ)は平和な毎日に退屈していました。ある日、街で5人組の盗賊「錦毛鼠」の1人である白玉堂(張柏芝/セシリア・チャン)と偶然出会った展昭は、意気投合して相手を男だと思ったまま義兄弟の契りをかわします。ところがそんな最中に宮城では「三宝」が錦毛鼠に盗まれてしまいます・・・・・・。

宋を舞台にした時代劇ラブ・コメディです。お話は「七侠五義」という元の有名な話があるそうです。アンソニー・ウォン扮する包青天は日本で言う大岡越前みたいな存在でよく知られているとか。監督の一人が劉偉強(アンドリュー・ラウ)で出演者からしても同時期の『インファナル・アフェア』を思い出させるものがありますが、出品人の一人が王晶(バリー・ウォン)で、期待通りの正月向けライト感覚のおバカな古装片になっています。

軽めのギャグが随所に差し挟まれていて、余興でラップっぽいダンスが出てきたり、竹筒のバヅーカ砲が出てきたり、後半インディ・ジョーンズみたいになったりとやりたい放題です。カットされたシーンではア・カペラもあったみたいですね。「新しい技を教えてもらったんだ」と言いながら、1本の指を左右に振っているうちに2本の指にするという小学校低学年レベルのことに喜ぶアンソニー・ウォンの包公が、かわいすぎます(笑)。

この映画、セシリア・チャンが男装の麗人ってことになっているのですが、ヒゲをつけたメイクが変です(笑)。セシリア・チャンの場合、鼻下のヒゲと眉毛が一緒に見えるし。ほとんど、『少林サッカー』で準決勝で対決したフォワードの玉面雙飛龍そのまま。見ながらいつ、莫文蔚(カレン・モク)もヒゲをつけて出てくるかと心配してました(苦笑)。あれで皆が男と間違うのが不思議です。う~~~ん、そこがギャグなのでしょうか?アンディ・ラウも知らずにセクハラ攻撃しちゃうし(苦笑)。

李冰冰(リー・ビンビン)が公主としてセシリア・チャンと男を巡って火花を散らしますね。なんだか不憫です(涙)。『インファナル・アフェア』の杜[シ文]澤(チャップマン・トウ)や、『少林サッカー』の黄一飛(ウォン・ヤッフェイ)、林子聡(ラム・チーチョン)も出演していました。

この映画の別の見所としてはサービス・シーンでしょうか。と言ってもアンディ・ラウとアンソニー・ウォンの入浴シーン(笑)。しかも一度ではありません(苦笑)。

こういう肩の凝らないおバカな正月映画も、たまには日本で公開してほしいんですけどねえ。


【剣客之恋(老鼠愛上猫/Cat And Mouse) 2003年 香港】


追記:何がどうしたのやら、2006年7月21日に『剣客之恋』というタイトルで発売されました。めでたし、めでたし。
[PR]
by santapapa | 2005-02-14 00:12 | 香港(中国・台湾)映画
<< ヘビー・メタル まごころを君に >>