悪いことしましョ!

悪いことしましョ!〈特別編〉

これまでに多くのファウストたちが悪魔から魂を求められて売ろうとしましたが、悪魔ははたしてどれだけの魂を手に入れることができたのでしょうか。



コンピュータ会社に勤めるエリオット(ブレンダン・フレイザー)はいつも行動が空回りしていて会社でもちょっと浮いた存在です。そんなエリオットには片思いの女性アリソン(フランシス・オコーナー)が社内にいました。ある日エリオットはアリソンとバーでばったり出会い話しかけますが、まったく相手にされません。「神様、何でもしますから彼女を僕に」とつぶやくエリオットの前に悪魔(エリザベス・ハーレイ)が現れて、エリオットの魂と引き換えに7つの願いをかなえてあげると持ちかけます。話に乗ったエリオットは、悪魔と共にまるで別人になってアリソンと会います・・・・・・。

1968年にラクウェル・ウェルチやダドリー・ムーアが出た同名作品のリメイク版。主人公が食堂のコックからコンピュータのサポート・センター担当になっているところが現代風です。

内容は悪魔の魔法で主人公が7つのシチュエーションを体験すると言う、1本で7回おいしい作品(笑)。大昔から願い事はそうは簡単にかなうわけではありませんので、それぞれにオチがついてます。

7つのそれぞれのストーリーを、ブレンダン・フレイザー、エリザベス・ハーレイ、フランシス・オコーナーがいろんな服装でいろんな役を演じています。特にエリザベス・ハーレイは、セクシーな衣装とコケティッシュな魅力を十二分に振りまいて目が釘付けになりました(←男の視点)。悪魔と言いながら結構純情な部分もあって、自分だったらアリソンではなくて悪魔の方になびいてしまいそうな(笑)。

バラエティ形式のライト・タッチのおバカ・コメディでありながら、ちょっと暖かくなれるような感じの映画です。


【悪いことしましョ!(Bedazzled) 2000年 USA】
[PR]
by santapapa | 2005-02-09 23:30 | 洋画一般
<< ザ・デイ・アフター シティ・オブ・ゴッド >>