ゴージャス

ゴージャス

イルカにまつわるおとぎ話の語りから始まるこの映画は、ファンタジーが入ったラブ・コメディです。



台湾の漁村に住むイルカが友達のプウ(スー・チー)はある日、ビン入りのラブ・レターを拾って差出人に会いに香港に旅立ちます。ビンを流した主はメーキャップ・アーティストでゲイであるアルバート(トニー・レオン)。プウはアルバートのアパートに居候することになりました。アルバートの水着モデルの撮影でヨットで海に出たプウは、実業家チェン(ジャッキー・チェン)とひょんなことで知り合います。チェンに恋したプウは、彼の気を惹くためにアルバートを巻き込んで、マフィアの情婦と偽って近づきます・・・・・・。

私はジャッキー・チェンの映画はあまり数多く見ていないのですが、この映画をジャッキー・チェンのアクション映画だと思って見に行った人は期待はずれだったのではないかと思います。もちろんアクション・シーンはありますが、満載ではありませんしね。たまたまジャッキー・チェンが主演しているほのぼのしたラブ・コメディといった映画でしょう。この物語はファンタジーですから、出てくる人は基本的にみんないい人。チェンの敵役のロウだって実はいい人です。単純でコテコテですが、私にとっては愛すべき小品といった映画です。

実質の主役であろうスー・チーは田舎育ちの天真爛漫でちょっとわがままなおぼこ娘と言った風情で、『風雲ストーム・ライダーズ』と同様こういう役もよく似合ってます。ちょっとつぶれた感じのファニー・フェイスのと声は独特の魅力がありますね。それでいて『クローサー』では別の一面も見せてくれる不思議な女優です。

この映画で一番のお気に入りキャラクターはオカマのアルバートを演じたトニー・レオン。似合いすぎです(笑)。巻き込まれていやいやながらも世話焼きなキャラクターが、またぴったりでした。冷蔵庫のシーンがとても好きですね。

ちょっとだけカメオ出演する警官役のチャウ・シンチーは存在感抜群でした(爆笑)。この頃シンチーは『喜劇王』を撮影していて、そちらにはジャッキー・チェンがやはりちょっとだけカメオ出演しています。

かわいそうなのはプウ一途のロンギーを演じるリッチー・レン。おっとりとしたいい人中のいい人が、これまた似合っています。空港で「チャウ・ユンファに似てる!」って言われて詐欺にあうのがおかしすぎます(笑)。


【ゴージャス(玻璃樽/Gorgeous) 1999年 香港】
[PR]
by santapapa | 2005-01-28 22:36 | 香港(中国・台湾)映画
<< メリー・ポピンズ スター・ウォーズ (ジェダイの... >>