ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地大乱〈デジタル・リマスター版〉

ジェット・リーことリー・リンチェイが弁髪姿でスクリーン狭しと暴れまわるアクション映画のシリーズ、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナが好きな方は多いと思います。



清朝末期の混乱した中国では貧者救済と外国排斥をうたう白蓮教が広州で流行っています。奇跡を呼ぶクン教祖(ション・シンシン)を中心にした白蓮教は暴力による外国排斥運動が街に恐怖を起こしていました。そこへ漢方医で武術家である黄飛鴻(リー・リンチェイ)が、一番弟子の梁寛(マク・シウチン)と洋行帰りの十三姨(ロサムンド・クァン)と共に、広州の西洋医学の学会にやってきます。街に着いた一行は電報局を襲う白蓮教徒と遭遇し、黄飛鴻の活躍で撃退します。翌日、飛鴻は学会で革命を志す若き医者孫文(ジャン・ティエリン)と出会いますが、再び教団の襲撃を受けて学会はむちゃくちゃになってしまいます。ますます行動が激化する教団は小学校を襲い、黄飛鴻たちは難を逃れた小学生たちを保護しようとラン提督(ドニー・イェン)に頼み込みます・・・・・・。

ツイ・ハークとリー・リンチェイが組んだワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ3部作の2作目。今はジェット・リーとしてハリウッドでも活躍中のリー・リンチェイですが、このシリーズのかっこよさは抜群です。特にこの映画は私の中ではリー・リンチェイのアクションが一番かっこいい映画だと思っています。

敵がクン教祖とラン提督の2人がいますが、これがまた強い。やはり敵は強い方が手に汗握りますよね。にもかかわらず黄飛鴻は華麗な身体さばきでそれぞれの敵をいなして圧倒します。周りの大道具もふんだんに使って見せて、おみごとの一言。

教科書に出てくる実在の人物である孫文が出てくるのも、またうれしいです。まあ、黄飛鴻も実在の人物だということですが。十三姨とのほのかなロマンスもまたほほえましく、次作への期待を持たしてくれますね。

なにげにジャッキー・チェンが歌っている主題歌がバックの演舞と相乗して盛り上がる曲です。


【ワンス・アポン・ア・タイム 天地大乱(黄飛鴻之二: 男兒當自強/Once Upon A Time ln China II) 1992年 香港】
[PR]
by santapapa | 2005-01-22 17:09 | 香港(中国・台湾)映画
<< バーバーレラ バットマン&ロビン Mr. フ... >>